ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やしきたかじんの出自にも触れつつ彼の心の奥底に迫った評伝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』角岡伸彦/小学館/1400円+税

 今年1月に64歳で亡くなったやしきたかじん。“関西の視聴率男”の異名を持ち、数々のテレビ番組の司会で伝説を残しながら、東京嫌いを公言し東京への番組配信さえ拒否した。

 一方で、本人はずっと歌手にこだわり続けた。そして、番組では〈自分の私生活までさらけだし、語ってきたたかじんが、タブーなき番組で、なぜ自分のことを言わないのか〉といった本人が固く口を閉ざしていた出自にも触れつつ、その心の奥底に迫った評伝。

※週刊ポスト2014年11月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「ゆめいらんかね──やしきたかじん伝」横顔を描いた評伝紹介
人情に生きたやしきたかじん 結婚は財産遺す優しさあったか
たかじん 豪放磊落・毒舌だけでなく繊細な心を持つ男だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP