ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガソリン蒸気 給油1回あたり約30~60ml大気放出される計算

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ガソリンスタンドではツーンと鼻をつくような独特な臭いがする。この臭いの正体は揮発したガソリンが漏れ出たもの。これは「ガソリンベーパー」(ガソリン蒸気)と呼ばれ日本では規制が義務化されていない。しかしアメリカでは車に回収装置が付けられ、ヨーロッパではガソリンスタンドにある計量器(車の給油口にガソリンを入れる機械)でガソリンベーパーを回収して対策している。

 アメリカ式とヨーロッパ式では、どちらの効果が高いのか。独立行政法人「交通安全環境研究所」環境研究領域の山田裕之・主席研究員(工学博士)が解説する。

「スタンド側の対策の場合、吸収したガソリンベーパーをガソリンスタンドの地下タンクに戻す際に漏れ出す可能性があります。そのため、欧米の調査では70~80%の回収率となっています。一方、アメリカで採用されているORVR(※On-board Refueling Vapor Recovery 車搭載型燃料供給時蒸気回収装置)によるガソリンベーパーの回収率は90%台後半とされています。アメリカでは、すでに大半の車がORVR搭載になっているため、米環境保護庁(EPA)はスタンド側の対策は不要と判断しています」

 日本では、スタンド側にも、自動車側にも、対策は施されていない。そのため給油量の0.1~0.2%のガソリンベーパーが発生するとされる。スタンドでの1回あたりの平均給油量は約30リットル(総務省家計調査より)なので、その度に30~60ミリリットル分が大気に放出されていることになる。

 日本の自動車メーカーがORVRのノウハウを持っていないわけではない。実際、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ各社は、「国内で販売する自動車にはORVRを搭載していないが、米国で販売する自動車には搭載している」と口を揃えた。

 EPAの資料によればORVRを実施する費用は自動車1台につき6~8ドルとなっているが、日本の場合は「1万~2万円程度のコストはかかるのではないか」(自動車業界関係者)とされている。

 なぜ日本の自動車メーカーはORVRのノウハウを持ちながら国内では実施しないのか。自動車メーカーの業界団体である一般社団法人「日本自動車工業会」の担当者が次のように説明する。

「私どもはコストや効果を含め、どの対策が一番有効なのかを冷静に議論した上で、行政側の判断を求めたいという立場です。結論が出る前にORVRにすれば、お客様にお願いすることになるコスト負担が無駄になりかねません。

 さらにいえば、日本製トラックなどの場合、燃料タンクが荷台の下にあり、大改造が必要になる可能性があります。一方、スタンド側への切り替えは即効性があり、すべての車に有効になる。欧州ではそうしたコスト面を考慮し、スタンド側の対策を採用したと聞いています」

 コストの問題は小さくないのかもしれないが、できれば対策を他業界に押しつけたいという思惑も透けて見える。

※週刊ポスト2014年11月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
欧米でガソリンは臭わない 日本が抱える問題を現職知事指摘
マツダ エコカー市場にガソリン車で勝負を挑み販売絶好調
注目エコカーのリーフ、デミオ他 減税&補助金の効果を比較

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP