ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Bitstrips、自分のアバターで絵文字を作成し、共有できるAndroidアプリ「Bitmoji」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自分のアバターで絵文字を作成し、共有できる Android アプリ「Bitmoji」が Bitstrips の開発元よりリリースされました。アプリは無料です。Bitmoji は、ネット上でのコミュニケーションで自分の分身としてよく使われるアバターをベースに、喜怒哀楽を表す絵文字を作成し、共有できるアプリです。作成したアバターに文字やイラストが合成されるので、アバターで様々なメッセージを伝えたり、感情を表現することができます。アプリではまず自分のアバターを作成します。アバターは顔パーツ、ヘアスタイル、身長、服装をステップ・バイ・ステップで作成できます。アバターを作成した後はトップ画面のタブで喜怒哀楽の絵文字を作成します。各タブ上に表示される人物は先ほど作成した自分のアバターです。後は、下部のアプリアイコンをタップして共有します。アプリのホーム画面(左端のタブ)は共有履歴や他のユーザー間で人気の絵文字が表示されます。Bitmoji」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
mmbi、「NOTTV ICカードプラン」を11月1日より提供。ピクセラの「StationTV モバイルテレビチューナー(PIX-DT355-PL1)」でNOTTVがiPhone / iPadでも視聴可能に
Microsoftの写真共有アプリ「Xim」が日本でも利用可能に
Googleカメラがv2.4にアップデート、アプリアイコンやUIの一部が刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP