ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ分からない? 人件費の安いアルバイトを使う「目に見えないコスト」がある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外食チェーンで働いていると、どの店も社員は少数で、大半はアルバイトという人数構成になります。その方が、人件費が安く済みますし、外食チェーンの仕事は単純作業で、今日入った高校生でもできるレベルですから。

一方、正社員が多いと採用コストも大きく、利益に直接響きます。とはいえ、学生のアルバイトが多いと、社会人の常識では考えにくいことを平気でやったりもするので、なかなか頭が痛いところです。(文:ナイン)
「手すべった?」と状況を確認しようとしたところ…

ある日の営業中、アルバイトの女子大学生が広いお座敷の席にお茶を運びました。すると、「ガシャン!」と、誰もが聞きたくないグラスの割れる音が店内に響きました。

たまたま近くでこの音を聞いた私は、「これはこぼしたな」と察し、すぐに名刺を持って駆けつけました。グラスの破片で怪我をされているかもしれませんし、中身が熱いお茶だったので、やけどをしているかもしれません。

「お客様、申し訳ございません。お怪我はございませんか?」

と聞くと、「大丈夫です」との答えが。不幸中の幸いで、外傷はないようです。ただ、明らかに被服にお茶の汚れがついているのが分かりました。

ひとまず、ご連絡先を聞き、後日クリーニング代を支払うことで納得していただけました。ホッとしてから、アルバイトを呼んで状況を確認し、指導することにしました。

この女子大生は勤務態度も真面目で、明るい性格から誰からも好かれるタイプですので、厳しく言うつもりはありませんでした。私は言葉に気をつけながら、「さっき、どんな感じだったの? 手すべった?」と尋ねると、彼女は思いもよらない言葉を返して来ました。

「いや~、ちょっとですよ、ちょっと。お客様の服に、チョチョって付いただけじゃないですか。別に何ともないですよ、アハハ!」

怒られるのが嫌なのか、事の重大さが理解できないのか

その言葉に驚いた私は、「コイツは全く反省してないな。というより、大したことじゃないと思ってるんだろうな」と感じ、

「いや、少しかもしれないけど、お茶だったんだから、やけどしたかもしれないでしょ。割れたグラスの破片で、怪我したかもしれないしさ」

多少怒った口調で言い、事の重大さを伝えるつもりでした。すると、

「だから、大丈夫ですよ! チョチョって感じだし、こぼしたって言っても。だって、ちょっとですよ、ちょっと」

この態度には、私もさすがにイラッとして、「ちょっとかどうかが問題じゃないだろ? 店で食事して、お茶かけられたら誰だって気分悪いだろ!」と、さらに強く言いましたが、またしても笑って流されました。

私も「これ以上、彼女に何を言っても無駄だな」と思い、追及をやめました。彼女は、私に怒られると思い、あえて笑ってすましたのか、本当に大したことじゃないと思っているのか分かりません。

アルバイト全員がこういう態度ではありませんが、常識のないアルバイトがいると、人件費とは別のコストが掛かるんだよなあ、と痛感した一件でした。

あわせてよみたい:「帰れ!」と言ったら本当に帰ってしまった女子大生アルバイト
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP