ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好きな漫画のセリフを変えられる! アプリ「コミコミ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ネット掲示板などに投稿されている、漫画の吹き出しの改変。画面を見て、思わず笑ってしまうような面白い「作品」も多数掲載されているが、このような改変は著作物を侵害することにつながるので、原作者が二次利用の許可を宣言していない限りは、「自分もつくってみよう」と行動に移してしまってはいけない。

 
アプリ「コミコミ」でライターが制作してみた ※クリックで拡大

一方、10月7日にリリースされた「コミコミ」は、漫画の1コマのセリフを自由に書き換えられるアプリだ。配信しているのは、出版社の講談社と小学館の合弁会社であるコミック・コミュニケーション株式会社。作者・出版社が同アプリでの二次利用を認めているので、講談社であれば『少年マガジン』『なかよし』、小学館ならば『少年サンデー』『Sho-Comi』といった漫画誌に掲載されている人気作の吹き出しを、自由に書き換えることができる。

現在、配信されているネタ元の漫画は、講談社から『行け! 稲中卓球部』『寄生獣』、小学館からは『医龍』『焼きたて!! ジャぱん』など。今のところ29タイトルが利用できるが、順次、配信する作品を増やしていくという。

アプリでセリフを書き換えた1コマは、自身のスマホに保存できるのはもちろん、ツイッターやフェイスブックと連携させることでSNSへの投稿も可能。また、LINEスタンプとしても利用できるから、伝えたいメッセージをキャラクターに「言わせる」といった遊び方もできる。

そこで、実際に筆者もこのアプリを使ってみた。題材にしたのは、お金をテーマにした野球漫画『グラゼニ』の主人公、凡田夏之介が自分の発言に悩むシーン。コマを選び、吹き出しをタッチすると、即座にセリフを書き変えることができた。文字入力窓の横にある「Style」というボタンを押すと、フォントの大きさや種類、タテ組・ヨコ組を選択することもできる。

また、画面の一番下にツイッター、フェイスブック、LINEのアイコンがあるので、文字入力を終えてすぐに投稿することが可能だ。

同アプリは、KDDIのサービスとも連携中。KDDI Eメール(@ezweb.ne.jp)のアプリで、「コミコミ起動ボタン」を押すことで、漫画の1コマをメッセージ画像として送信できるので、試してみてはいかがだろうか。

関連リンク(外部サイト)

COMI2
KDDIニュースリリース「心に残る漫画の名シーンを使ってEメールをもっと楽しく! 新感覚コミュニケーションツール『コミコミ』とKDDI Eメール (@ezweb.ne.jp) の連携について」

関連記事リンク(外部サイト)

タブレットで計算ドリル、クラス内SNSも活用 KDDIと福岡市が推進する「次世代型教育」とは
着信通知を指輪で確認! リング型ウエアラブルデバイス「MOTA Smart Ring」
未来の授業のあり方が見えてきた! 教育系SNS「Edmodo」

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP