ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

横浜のココがキニナル!

アンパンマンミュージアムが閉鎖されるとの情報を聞いたんですが、本当ですか?かなり人気だと思いますが・・・キニナル(はコ。さんのキニナル)

はまれぽ調査結果
運営会社は「閉鎖はしないが、横浜以外のところで営業するかどうかも含めて検討中」との回答だが、「横浜に愛着はある」とのこと。市も継続を希望

閉鎖? 移転?

子どもたちに絶大な人気を誇る「アンパンマン」。
その人気キャラクターたちと触れ合える体験型のミュージアムが、関東では唯一、横浜にある。


いろんなところにアンパンマン! (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール(以下、横浜アンパンマンミュージアム)」は2007(平成19)年4月にオープン。みなとみらい線新高島駅から徒歩約7分の好立地。


横浜市営地下鉄高島町駅も利用可能

敷地面積は約6800平方メートルで、有料(1歳以上1500円)のミュージアムエリアではアニメ上映やステージショー、ジオラマ展示があるほか、グッズ販売などを行う無料のショッピングモールスペースを併設している。

横浜アンパンマンミュージアムは年間有料エリアだけで約80万人、無料エリアを含めると約400万人近い集客があるといい、2014(平成26)年9月2日には有料エリアの累計来館者が600万人を突破した。


アンパンマン目当てに多くの親子連れが足を運ぶ
(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

しかし、関係者などの話から、現在の土地はUR都市機構の所有で、10年間の暫定利用という約束だったという。


UR都市機構の本社がある横浜アイランドタワー

このため、暫定利用の期間が終了する2017年には、横浜ミュージアムはURと撤退もしくは継続のための話し合いをしなければならない。

これだけ集客力がある施設が撤退するとなると、市の観光産業にとっても痛手となるが、これについて横浜市みなとみらい21推進課は、「現時点では具体的な話は進んでおらず、市からアプローチもしていないが、運営者などから話があれば積極的に事業継続のための話し合いを進めたい」と話している。

関東一円からオファーも「未定」を強調

では、実際、横浜アンパンマンミュージアムは現状をどう捉えているのか。「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」を運営する株式会社ACM(東京都千代田区)に聞いた。

ACMによると、2007(平成19)年のオープン時は全国展開を想定していなかったという。しかし、その人気から2010(平成22)年に名古屋(所在地は三重県桑名市)、2011(平成23)年に仙台、2013(平成25)年に神戸、2014年に福岡と立て続けにオープン。現在は全国5都市で展開している。


横浜から全国に! (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

関東には横浜しかなく、全施設の中で集客もダントツ。このため、現在も東京・お台場や、さいたま市大宮など関東近隣を中心に出店のオファーが絶えないという。

ACMは「ミュージアム事業自体は継続するという前提で動いている。これまでやらせてもらった横浜という場所に愛着はある」と回答。2017年の現施設の契約終了までに、恒久施設としての新しいミュージアムを建設する方針で検討していることを明かした。

しかし、詳細については、「横浜市から継続してほしいという旨のお話はいただいているが、横浜で継続するのか、それ以外の場所で新規オープンさせるのかも含め検討している段階」と話すにとどまった。
また、自社で土地を取得し、新たな施設を建設するなどのビジョンや具体的なスケジュールについても「未定」とした。

このことについて、市みなとみらい21推進課は、「アンパンマンミュージアムは、みなとみらいのにぎわいの創造にとって貴重な施設。横浜に残っていただけるのであれば、ぜひそのようにしてほしい」との見解を示した。

<画像7>
市も、みなとみらいでの継続を希望している?

取材を終えて

もはや、みなとみらい地区屈指の観光スポットとなった「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」。
みなとみらい地区はマンション開発が進み、今後も子どもの人口増加が見込まれている*1こともあって、今以上に来場者は増えるのではないだろうか。
これほどまでに長く愛されるキャラクターと身近に接することができる施設が横浜にあるというのは喜ばしいことである。

*1:「マンション開発などによる児童増加で、みなとみらいに10年間限定の小学校ができるって本当?」 2014年08月29日 『はまれぽ.com』
http://hamarepo.com/story.php?story_id=3253

関係者との調整はあるだろうが、願わくば横浜で、しかも今の場所からさほど離れず「みなとみらいに行けばアンパンマンに会える」というような形になると喜ばしいような気がする。

―終わり―

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール
所在地/横浜市西区みなとみらい4-3-1
電話/045-227-8855(10:00~18:00)
営業時間/ミュージアム10:00~18:00(最終入館17:00)、ショッピングモール10:00~19:00、アンパンマン&ペコズキッチン10:00~20:00(ラストオーダー19:00)
定休日/元日
入館料/1500円(1歳以上、税込)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
はまれぽ.comの記事一覧をみる ▶

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP