ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人の過ち「144試合で113通りの打順組んだこと」と広岡達朗氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人はまさかのクライマックス・シリーズ4連敗で阪神に敗れ日本シリーズの出場権を失った。4試合の総得点がわずか9だったことを見れば敗因は明らか。打てなかったからだ。

 惨敗後、原監督はシーズン終了の報告に読売新聞本社を訪れ、白石興二郎オーナーから「来年は頑張っていこう」と慰められたが、ファンやOBの落胆と怒りは収まりそうにない。広岡達朗氏もその1人だ。

「巨人ベンチは、各打者に打てるよう細かくアドバイスをしていたのだろうが、その時点でダメ。打撃というのは、打席に入ってから頭で考えるようではすでに遅い。

 昔は打てなくなったら、日本シリーズ中だろうが多摩川に行って打ち込み、文字通り“開眼”するまで練習したものです。あのONですらそれをやっていた。要はゲームに入る前の準備ができていなかったということです」

 広岡氏は「日本シリーズだけが悪かったのではない」としてこう続ける。

「リーグ優勝できたのは他のチームが勝手に転んでくれたからにすぎない。3割打者が1人もおらず、チーム打率がリーグ5位という惨状でしたからね。これを何とかしようと、原監督は144試合で113通りものオーダーを組んだ。これが大きな間違い」

 1番から9番まで、打者にはそれぞれの役割がある。しかし、打順が日替わりとなってしまっては各自の役割が定まらない。

「4番として獲得した選手を下位で使うのは、“お前は打てなくてもいいよ”といっているようなものですよ。

 監督は4番として獲得した選手には4番を任せ、打てなくなったら辞めろといえばいいだけ。やり繰りを続けたのは、監督の自己満足でしかない。これじゃ選手に責任感が芽生えません。

 監督が監督なら選手も選手ですよ。中軸を打つべき打者なのに7番を打てなんていわれたら、自分から辞めるくらいのプライドを持ってやってほしい。

 今年の巨人がまともにやっていたら、10ゲーム差以上のぶっちぎりで優勝を決めていたはずです。来年こそはオーダーを固定して巨人本来の野球を見せてもらいたいものです」

※週刊ポスト2014年11月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松井秀喜 「MLBきっての知将が1番で起用も」と番記者予測
堀内恒夫氏 V9時代の川上哲治監督の巧みな人心掌握術を語る
阪神真弓監督の放任采配 原点は高校時代のまさかの1回戦負け

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP