ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋愛マスター・ジャニーズWESTの小瀧望「三枚目役に憧れる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 教師と生徒の誰にも言えない秘密の恋を描いた漫画『近キョリ恋愛』(みきもと凜/講談社「別冊フレンド」刊)の同名実写化映画に出演しているジャニーズWESTの小瀧望(18才)に取材を行った。映画出演が『劇場版「仮面ティーチャー」』、『忍ジャニ参上!未来への戦い』と続き今年3作目だ。

「今日はよろしくお願いします」と深々と頭を下げスタジオ入りした。183cmのすらりとしたルックス、落ち着いた物腰からはとても18才とは思えない雰囲気を醸し出していた。「あれで佐藤勝利(Sexy Zone)と同じ年なんて信じられないよね!」と映画で共演中の山下智久(29)が言うように、穏やかな立ち居振る舞いが印象的だ。

 3月にジャニーズWESTの一員としてデビューし、映画に舞台と活躍の場を広げている。二枚目役を演じることが多いが、実は三枚目役に憧れている。「素のぼくは限りなく三枚目に近いから」と言うように、ボケもツッコミもこなし、笑いに対して前のめり。

 現在公開中の映画『近キョリ恋愛』では、パティシエを目指す元ヤンキーの高校生を演じている。

「リアルヤンキーを知らないから、大好きなヤンキー漫画を読みながら、人物背景まで考えましたよ」と演技への情熱も深い。

 一方ファンからは“恋愛マスター”といわれているが、劇中、教卓の下で生徒とキスをする教師役の山下をモニター越しに見ていて「オイオイ!! これぞまさに禁断の恋だろ~!」と思わずツッコミをいれたとか。

「きっと山Pファンよりもドキドキしていたかも」と言う姿からは無邪気さが残る。大人びて見えるがまだ高校3年生、このアンバランスさが彼の魅力なのかもしれない。

※女性セブン2014年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヤンキーブーム再燃 辛酸なめ子氏は今もヤンキーに憧れる
ヤンキース“第2のイチロー”ヤクルト青木に興味津々
ジーター 2週間誕生日が早い松井秀喜を「トシヨリ」と呼ぶ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP