ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハロウィンのためにカボチャそのものを買う人は5%以下!? 当日にまるごと一個もらえるキャンペーンも

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日本でもすっかり定着した感のあるハロウィン。そして、ハロウィンといえばカボチャ! カボチャをモチーフにしたキャラクターグッズやアイテムを街で見かける機会も多いのではないでしょうか。とはいえ、ハロウィン前後にカボチャそのものを手にする……というと、そんなことはないのでは? 

ポイントサービス『楽天チェック』を運営するスポットライトが2014年10月24日から26日にかけて実施したアンケートによると、「ハロウィンで連想するものは」という質問に対して70%以上が「カボチャ」となり、当日にカボチャを食べるという答えも56.7%となっており、パイやプリン、スープといったものを買ってくる、という人が多いことが見てとれます。一方で、「ハロウィンのために購入したものは」という問いで「カボチャ」と答えた人はわずか4.8%に留まっており、わざわざ調理するのは少数派の様子……。

『楽天チェック』では、ハロウィン当日の2014年10月31日に千葉・船橋のロピアららぽーとTOKYO-BAYにチェックインしたユーザー先着100人を対象に、カボチャ一個をまるごともらえるというキャンペーンを実施するのですが、そもそも「まるまる一個もらってもどう使えばいいのか分からない」という人も多そう……。ビタミンA、ビタミンEなどが豊富で美容や健康に良いとはいえ、1個あたり約1100~1400グラムほどあるものを完食するのはなかなか大変かも。

皮が厚くて固いカボチャを切るには専用カッターが市販されていますが、電子レンジにそのまま入れて加熱するのが一番手軽。Mサイズ(約1170グラム)の場合、ラップに包んで5~6分でかなりやわらかくなります。

そこから食べやすいサイズに切って炒めたり、フードプロセッサーを使ってポタージュスープにしたりするのが定番ですが、家族や友人同士でのパーティーということならば、まるごと使ったレシピに挑戦してみるというのもアリ。ヘタを切り落としてタネの部分をスプーンでキレイにくり抜き、中にひき肉と玉ねぎ、トマトなどを炒めたものを詰め込み、上からピザ用チーズを乗せてオーブンで15分前後焼くのがカンタンかつボリューミーでおススメ。もちろん、手間をかける余裕があるならば、中に詰めるのをグラタンやドリアにするのも美味しいです。

なかなか丸ごと買って料理することが少ないカボチャですが、ハロウィンはレシピのレパートリーを広げることができるチャンス……かも。特に当日ららぽーとに行く予定があるという人は、『楽天チェック』のキャンペーンに参加して普段は作らないような豪快な料理にチャレンジしてみるのも一興なのではないでしょうか。

楽天チェック「まるごとカボチャプレゼント」キャンペーン詳細

日時:
2014年10月31日 10:00~21:00

場所:
ロピアららぽーとTOKYO-BAY
(千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY西館1F)

参加方法:
1.ロピアららぽーとTOKYO-BAY店内にてチェックイン
2.チェックイン後の画面でメッセージが表示
3.メッセージをクリックすると、プレゼント詳細が表示
4.詳細内リンクをクリックすると、「カボチャ」引換券が表示
5.店内サービスカウンターにてカボチャをプレゼント

楽天チェック
http://check.rakuten.co.jp/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP