体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Nexus 6の筐体サイズについて、“ファブレットを使った人の半数は気に入る”とコメント

海外でいよいよ 29 日(現地時間)より予約受付が始まる「Nexus 6」。この機種が発表されたときに驚いたのは 6 インチという大きなディスプレイと Nexus 5 よりも $300 も高いプレミアムな価格です。価格はさておき、ディスプレイサイズから Nexus 6 はファブレットというジャンルの製品になるので、いつも使うスマートフォンとして使えるのか悩んでいる方も多いかと思います。その点について、Google で Android のエンジニアリング部門を担当しているバイスプレジデント David Burke 氏が CNET からのインタビューで見解を示しました。Nexus 6 のディスプレイサイズは正確には 5.96 インチで、WQHD 解像度の AMOLED ディスプレイを採用しています。ディスプレイは Nexus 5 から大幅に拡大したので、端末の大きさも縦 159.26mm  x  横 82.98mmへと拡大しています。厚さは 10.05mm、質量は 184g です。Burke 氏は CNET のインタビューで、“もしファブレットを 1 週間使ったなら、半数の人はそれを気に入って、もう小さい画面の機種には戻れないと言うでしょう”と、Nexus 6 に対して自身を見せました。大きな画面の機種を使うと小さな画面の機種に戻れないのは確かに私もそう思います。しかし、Nexus 6 は大きすぎですよね。The Verge は“思ったより持ちやすかった”と言っています。Burke 氏はこのほか、“小さい画面の機種が欲しいなら Nexus 5 を購入するか、他社の製品を検討してください”と言っています。つまり、Googleには今年中に Nexus 6 以外のスマートフォンを出す予定はないと考えられます。Source : CNET


(juggly.cn)記事関連リンク
ドン・キホーテ、5,980円+税と超安い7インチAndroidタブレット「カンタンPad(感嘆パッド)」を発表
Google Playミュージック All Accessとニューススタンドの購読料を「Google Play の残高(Google Play Balance」で支払可能に
ESファイルエクスプローラーをChromacastに対応させる「ES Chromecastプラグイン」がリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。