ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

奇才・ぬQが制作! チャットモンチー2年ぶりの新曲MVが爆POP

DATE:
  • ガジェット通信を≫


画像は「こころとあたま」のスクリーンショット
ロックバンド・チャットモンチーが、10月29日(水)に発売された2年ぶりのニューシングル「こころとあたま / いたちごっこ」のMVのフルバージョンを公開。「こころとあたま」の映像を手がけたのは、2013年のpixiv Zingaroでの個展も話題を呼んだアーティストのぬQさんだ。

本作は、サボートメンバーとして、ドラマーにHi-STANDARDメンバーとしても知られる恒岡章さん、キーボード&ギターにthe chef cooks meの下村亮介さんが加わり、4人体制での初作品となる。

チャットモンチー 『こころとあたま』

爆ポップ!ぬQ印のMV!

「こころとあたま」のMVを手がけたのは、絵画・マンガ・アニメーション作家として知られるぬQさん。

現在、平成26年度メディア芸術クリエイター育成支援事業にて、アニメーション「サイシュ〜ワ」を制作中のぬQさんにとって、今回がMV初作品となる。

約3ヶ月かけて描かれたという、高速キラキラなアニメーションに、時折、模型や実写を交えつつ展開する、爆ポップな映像は、疾走感のある楽曲とあいまって、何度も再生してしまう、中毒性の高いものになっている。

曲を聴いて「私たちは、『こころ』で感じた事や『あたま』で考えた事が、一致している時もあれば、離れてしまう時もある。時に矛盾したり反発してしまう気持ちや理屈が一緒だったらいいのになあ」というメッセージを受け取りました。曲では「こころ」と「あたま」に二分されていますが、昨日の自分の「こころ」と今日の自分の「こころ」が矛盾することもありますし、私の「こころ」と「あたま」が一致していても、第三者のそれと対立してしまうこともあります。さらに、気持ちや理屈の大きさは一定ではなく、高揚したり、しぼんだりと耐えず変動しています。ですので、アニメーション内で、キャラクター、物体、時系列、表現方法に負荷をかけて分裂させ、バラバラになったものが形をかえながら、一つになったり、また分裂したりするような構成になっています。コメント・ぬQさん

吉岡里穂さん出演のミュージカル風MV!

「いたちごっこ」は星野源さん、ロックバンド・ユニコーンなどのMVを制作した、映像ディレクター・山岸聖太さんが手がけたミュージカル風MV。「OL。24歳。レコード会社勤務」という設定の主人公を、注目の女優・吉岡里穂さんが演じている。

吉岡さんの体全体を使った、かわいらしく、躍動感あふれる演技に注目だ。

チャットモンチー 『いたちごっこ』

引用元

奇才・ぬQが制作! チャットモンチー2年ぶりの新曲MVが爆POP

関連記事

アニメーションって〝うなぎ〟みたい──水江未来×超新星作家・ぬQ
シンガーソングライターシーン注目! 植田真梨恵、新曲「ザクロの実」MV公開
凛として時雨、3年ぶりに大阪で対バン企画「トキニ雨」を開催!

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP