ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Cradle Orchestra & Giovanca、コラボ作リード曲「Got Your Back」MV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本人トラック・メイカー/プロデューサーのCradle Orchestra(クレイドル・オーケストラ)と、現代のミニー・リパートンとも言うべき甘美なヴォーカルを持つオランダDOX Recordsを代表する歌姫Giovanca(ジョヴァンカ)のコラボレイション・アルバム「Wherever To」が11月19日に発売される。そのアルバムからリード曲「Got Your Back」のミュージック・ビデオが公開された。

ミュージック・ビデオは秋が訪れる9月のオランダにて撮影。モデルもこなすスタイル抜群のジョヴァンカが、気持ちの良い秋のアムステルダムの街を闊歩し、淡い色合いのトーンで全体をまとめた清々しいビデオとなっている。またiTunesでは11月5日からプレオーダー開始。iTunes限定トラックとして「Heavenly So(Khrono Remix)」が収録される。

2008年デビューのGiovancaと2009年メジャー・デビューのCradle Orchestraの両アーティスト。ほぼ同時期にシーンに登場し、ジャンルは違えどその音楽スタイルに惹かれ合い、Cradle Orchestra名義で過去3曲のコラボレイション曲を発表してきた。その後自然な流れで、単発ではなく、もっと大きな枠組みでの作品を発表するというモチベーションが互いに膨らみプロジェクト作品の制作へと繋がっていった。アルバムでは、Cradle Orchestraが指揮を執るソウル、ジャズ、ヒップホップなどの多ジャンルの音楽的要素を持つトラックに、正にオンリーワンなジョヴァンカのヴォーカルがのる、両アーティストでしか成し得ないエヴァーグリーンな作品となっている。

また豪華アーティストもこのプロジェクトに参加。藤原ヒロシがプロデュースした楽曲「On Fire」は、80年代に活躍したニューウェイヴのアーティスト=ドゥルッティ・コラムの「Favorite Painting」を大胆にサンプリングしたトラックにジョヴァンカのアンニュイなヴォーカルがのる秀逸な曲。Shing02が参加した楽曲「Chasing Tadpoles feat. Shing02」は作品中唯一のラップ曲であり、アルバムの中での素晴らしいスパイスとなっている。

「Got Your Back」ミュージック・ビデオ

リリース情報

アルバム「Wherever To」
2014年11月19日発売
VICP-65274 2,500円+税
iTunesプレオーダー:2014年11月5日開始

収録曲
01.Wherever To
02.Got Your Back(1stシングル)
03. Had To Be So
04. Joyride
05. My Night
06. On Fire(Produced by Hiroshi Fujiwara)
07. Gotta Be Sure
08. Heavenly So
09. Message from TYO
10. Chasing Tadpoles featuring Shing02
11. I Volunteer
12. Home Now
13. Got Your Back(Cradle Orchestra Remix)
14. How Does It Feel(Cradle Orchestra Remix)
15. Not Enough(Cradle Orchestra Remix)

関連リンク

Cradle Orchestra オフィシャルサイトhttp://jvcmusic.co.jp/cradle_giovanca/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP