ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「社畜度」診断するスマホアプリ 無職ユーザーは「就活しないで良かった」と笑顔

DATE:
  • ガジェット通信を≫

会社に自分の人生をゆだね、もはや家畜状態になってしまった人のことを揶揄して「社畜」と呼ぶ。ブラック企業に勤めて日々の仕事に追われていると、自分が社畜になっていることに意外と気づかないものだ。

そんな人の「社畜度」を計測してくれるのが、ポッケが開発したスマホアプリ「社畜診断」だ。「有休は?」「サービス残業は?」など10の質問に答えるだけで、勤務先のブラック度をパーセンテージで表示し、今後の身の振り方をアドバイスしてくれる。
「上司のいうこと→絶対」でブラック度1000%

試しに「最悪のブラック企業」を想定してやってみる。有給休暇は使えないし、サービス残業は当然。体調を崩しても帰ることはできないとし、他の質問にも以下のように回答する。

「今の会社に入って友達は? → 誰もいなくなった」
「上司のいうことは? → 絶対」
「会社の飲み会は? → 強制参加+ひたすらお酌」
「休日に会社から呼び出されたら? → 休日出勤がデフォルト」

表示された診断結果は、「ブラック度数 1000%」。「会社のためなら死ねる社畜」というレベルだという。通常のブラック企業の10倍悪いということか。

「24時間365日、会社のことが頭から離れないのでしょうか。しかしながら無理をしすぎるといつか壊れてしまうので、にっちもさっちもいかなくなる前に、出来ることなら、今すぐ辞表を出すことをオススメします」

とアドバイスも表示される。ブラック度数40%の場合は「上級社畜」となり、「あごのあたりまで社畜という名の沼にはまっている状態です」と評される。

逆に、「ホワイト企業」を標榜するキャリコネ編集部を想定してみた。有給休暇は普通に使える、飲み会は自由参加で、上司におごってもらえるなどと答えたところ、「ホワイト度数100%」で「最高の環境!理想の会社員」「これほど恵まれた環境は珍しいので、定年まで働くことをオススメします」と表示された。
社畜度7の「ハートフル社畜」と診断

同じようなアプリは他にもある。「社畜診断 ~あなたに潜む社畜の真実」(Tadaomi Kageyama)は、よりネタっぽい要素を強めたものだ。

「眠れない夜…何のせいだろう?」
「会社の飲み会でやるべきことは?」
「都心で直下型大地震!今日は電車ないかも…?」
「子どもの誕生日、何をしてあげる?」

など、ランダムで表示される7つの質問に答える。会社の飲み会は「やっぱ脱がなきゃ始まらないっしょ!」、誕生日なのに「子どもが顔を忘れてる!」などと回答していくと、社畜度7の「ハートフル社畜」と診断された。

「極度の疲労が顔に出ており、心もすり減っている社畜。優しい性格が災いとなり、他人に仕事を押し付けることが出来ない」

診断バリエーションはこのほか、スティーブ・ジョブズを目標に起業を夢見て残業する「社畜ドリーマー」、自分が評価されないのは日本の評価制度のせいだと思っている「グローバル社畜」、エナジードリンクが欠かせない「オフィスドリンカー」などがあった。

ジョークアプリのため実用性はないものの、ユーザーの評価はまずまずのようだ。アプリのレビュー欄では、診断結果に笑ったというコメントのほか、「無職の方にもオススメ。職歴もお金も無い、三十路の男だけど、就活しないで良かったと笑顔になれる」と評価する書き込みが寄せられていた。

あわせてよみたい:窓際族の居眠りを起こすスマホアプリ
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP