ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Bluetooth対応の照明スイッチ「Avi-on」、どこでも貼り付け可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Bluetoothに対応し、スマートフォンのアプリで操作できるスマート電球やコンセントを使っている人もいるのではないだろうか。

このほど開発されたAvi-onは、そんな人向けの“どこでも照明スイッチ”だ。

◆照明の明るさ調整も

Avi-onの特徴はまず、物理的なスイッチなので、スマホのアプリを立ち上げることなく手で直接操作できること。スイッチの中央部分をなぞって照明の明るさを調整することも可能だ。

もう1つの特徴が、このスイッチ、どこにでも張り付けられる。ランプの置き場所を変えたいというときでも、Avi-onなら簡単に取り外しがきく。もちろん、ワイヤレスで作動し、交換式バッテリーは数年持つ。

◆アプリでタイマー設定

セットアップはアプリで。Avi-onでコントロールできるのはスイッチと明るさだけだが、アプリではタイマーのセットが可能だ。なので、例えば防犯目的に「平日の夜7時から9時まで窓際のランプをつける」ということもできる。

現在、自社サイトで資金調達キャンペーンを展開中。キャンペーンではAvi-onと、プラグインタイプの調光器のセットが59ドルとなっている。プラス25ドルで、米国外への発送にも対応するようだ。

家電などいろんなものがスマホのアプリで操作できるようになっている現代の流れに逆行しているようにも思えるが、そうした機器に任意でスイッチを加えられるというのは便利かもしれない。

Avi-on

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP