ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国OPPO、モーター駆動の回転式カメラを搭載した新型スマートフォン「OPPO N3」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー OPPO は 10 月 29 日、シンガポールでメディアイベントを開催し、同社のスマートフォン新モデル「OPPO N3」を発表しました。OPPO N3 は、昨年、回転式カメラを搭載したことでスマートフォンファンの度肝を抜いた「OPPO N1」の後継機種です。新モデルでは、ディスプレイが 5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルに縮小され、コンパクトになったほか、シャシーとフレームをアルミリチウム合金で作成して強度の改善と軽量化を実現。質量は 214g から 192g に減っています。ハードウェアスペックも一通り強化されています。OPPO N3 のメインカメラは 1,600 万画素(1/2.3 型 OmniVision 製 CMOS)を搭載。これが上部を軸にして 206 度回転し、リアとフロントカメラになります。OPPO N1 と同じ 206 度の回転式なのですが、OPPO N1 では手動だった回転方法がモーター駆動になり、自動的に回転するようになりました。OPPO はモーター駆動を利用してパノラマ写真を綺麗に撮影できる新機能を追加しています。このほか、OPPO Find 7 で追加された高解像度撮影機能「Pure Image」は v2.0 にバージョンアップされ、6,500 万画素の写真を撮影できるようになりました。OPPO N3 には背面に指紋センサーを搭載しており、TouchID のように背面のタッチで指紋認証を行うことができます。さらに、本体下部には LED で通知を表示する「Skyline Notification 2.0」も搭載。このほか、Bluetooth 小型リモコン「N-Click」は v2.0 にバージョンアップされ、リモートシャッターやキーファインダーだけではなく、通話の応答や音楽の再生も可能になりました。OPPO N3 の搭載プロセッサは Snapdragon 801 MSM8974 2.5GHz クアッドコア、RAM 容量は2GB、内蔵ストレージの容量は 32GB、ワイヤレス機能は Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFC、GPS / A-GPS、ワイヤレスディスプレイ、GSM / WCDMA / TD-SCDMA / TD-LTE / FDD-LTEに対応。OPPO N3 はデュアル SIM(Micro SIM + Nano SIM)にも対応しています。OPPO N3 のバッテリー容量は 3,000mAh で、30 分で 75% を充電できる VOOC 急速充電機能も搭載しています。ファームウェアは Android 4.4 ベースの Color OS 2.0 です。Source : OPPO


(juggly.cn)記事関連リンク
カザフスタンの小売店が「Galaxy A5」の製品画像やスペック、価格を公開
厚さ5.5mmの「OPPO R8107」が中国で認証を取得、OPPO R5か?
フィットネスアプリ「MapMyFitness」がv3.3.0でGoogle Fitに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP