ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

生きてるネコが飼えない人に! 本物そっくり疑似ペットロボット『夢ねこヴィーナス』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

夢ねこヴィーナス ホワイトカラーモデル


まるで生きているように本物そっくり!? セガトイズは、疑似ペットロボット『夢ねこヴィーナス』の新商品として、真っ白な毛並みに美しいブルーの目を持つ『ホワイトカラーモデル』を発売しました。ノルウェージャンフォレストキャットをモデルにし、かわいらしさと高級感を演出しています。

『夢ねこヴィーナス』は、2009年7月に発売されたセガトイズのペットロボット。子どもから高齢者まで幅広い世代に人気があり、発売以来約3万台を販売しています。ネコ好きな人に満足してもらえるように、ポーズ、動き、外観を追求。顔を洗うしぐさや、ごろんと体をひねって寝ころぶ動きなどをリアルに再現。5か所のセンサーを内蔵し「生き物に触れている感覚」でかわいがることで、自然な反応を見せるように作りこまれています。

夢ねこヴィーナス ホワイトカラーモデル

ペットを飼いたい人は現在も増加傾向にあり、高齢化によるライフパートナーとしてのペット需要も高まっています。しかし、住宅環境やアレルギーなどの理由のほか、「ペットの死がつらい」などの悩みから、ペットを飼いたくても飼えない人が多いという状況があります。『夢ねこヴィーナス』は、さまざまな事情によりペットを飼えない人向きの、“究極の疑似ペット”とも言えます。

また、かみついたりケガをする心配もないため、最近では老人介護福祉施設などでの利用も見られるようになりました。気軽に楽しくペットロボットで遊ぶことで、脳活性効果(脳を衰えさせない機能の向上)があり、脳の老化防止にも役立つなど意外な効能もあるそう。おじいちゃん、おばあちゃんへの贈り物にもいいかもしれませんね。

対象年齢は4歳以上、サイズはW490×H230×D240mm、単2乾電池×4本で動作します。希望小売価格は1万500円(税込み)、今回発売される『ホワイトカラーモデル』のほか、2009年に発売された『カラーモデル』の2種類があります。
 
 

■関連記事
【東京おもちゃショー2010】ノートPCが仮面ライダーや戦闘員に変身! ノートPCケース『ガジェットヒーロー』
【東京おもちゃショー2010】振動を検知したら光って揺れるライト『きのぷよ』
『だっこちゃん』50周年記念! レトロでかわいいビニールトイ『VINKYS』発売へ
【東京おもちゃショー2010】「AB型より関西人の方が多いんです!」関西弁でしゃべる時計『クロックマン上方』
【東京おもちゃショー2010】『ポテチの手』に続いて“テンションアップシステム”搭載の『ポップコーンの手』が登場

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。