ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽天、「楽天モバイル」で携帯電話サービスに参入、Zenfone 5と音声通話付きSIMカードのセットとSIMカードの単体販売を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

楽天は 10 月 29 日、同社グループのフージョンが格安通話サービス「楽天モバイル」を提供開始したと発表しました。楽天もスマートフォンビジネスに本格参入したことになります。楽天モバイルは、NTT ドコモの 3G / LTE ネットワークを利用した MVNO サービスで、SIM ロックフリー端末と音声通話対応の SIM カードのセット、音声通話対応の SIM カード単体の販売が行われます。楽天モバイル端末には同社傘下 Viberの通話アプリ「Viber」と格安通話アプリ「楽天でんわ」がプリインストール。Viber ではキャンペーンによって国内の固定電話への発信が無料になります。楽天モバイルの提供プランは次の 4 種類。プランは基本 1 年契約で、1 年以内に解約すると解除料が別途発生します。ベーシック:月額1,250円、上下最大200kbps2.1Gパック:月額1,600円、上限2.1GB、360MB/3日で制限発動4Gパック:月額2,150円、上限4GB、400MB/3日で制限発動7Gパック:月額2,960円、上限7GB、1.2GB/3日で制限発動楽天モバイル第 1 弾スマートフォンは「ASUS Zenfone 5(A500KL)」の 8GB モデルです。セット価格は端末代金込みで 26,400 円。この機種は ASUS Japan より昨日国内発売が発表された(国内では)最新モデルになります(海外では今夏より販売されています)。楽天モバイルで予約を行うと 11 月 8 日に配達されます。(参考)ASUS Japan、5インチLTEスマートフォン「Zenfone 5 LTE(A500KL)」の国内発売を発表楽天モバイルでは、楽天会員でクレジットカードを登録している人であれば、その会員データで本人確認が行われるので、最短 5 分で申込みが完了でします。Source : 楽天「プレスリリース」、楽天モバイル公式サイト


(juggly.cn)記事関連リンク
HTCの次期フラッグシップスマートフォンは「HTC One(M9)」ではない、コードネームの命名規則を来年より刷新するとの噂
ビッグローブ、月額360円+税で有料アプリが取り放題となるAndroid向け新サービス「アプリ超ホーダイ」を11月10日に開始
国内におけるSIMロック解除の義務化は2015年夏モデルより導入される見込み

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP