ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

[米国]テイラー・スウィフト ニューアルバム「1989」が発売初週で100万枚突破の見込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカで今週の月曜日に発売されたテイラー・スウィフト(24歳)のニュー・アルバム「1989」。音楽業界誌ビルボードは昨日(火曜日)、発売初週で100万枚を突破すると報じた。

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

テイラー・スウィフトにとっては、「カントリー・ミュージックを封印してポップに徹した」アルバム。業界関係者はカントリー・ファンが離れる事や、時代はダウンロードからストリーミングに移行しているとして、2週間前の売り上げ予測は75万枚だった。ちなみに前々作「スピーク・ナウ」の発売初週は105万枚、前作「レッド」は121万枚だった。

そして先週ビルボード誌を始め業界関係者は80~90万枚と上方修正をしたが、月曜日の実売調査会社サウンドスキャンの数字を見て、ビルボード誌は100万枚突破が確実になったと伝えた。勿論ビルボード・アルバム・チャートの初登場1位となる。最近の3作品の発売初週売り上げが全て100万枚を突破するという大記録だ。

成功の要因は様々だが、今回はTV出演が大きかった。「デイヴィッド・レターマン」、「グッドモーニング・アメリカ」、オーデション番組の「ボイス」、「ヴュー」、「エレン・デジェネレス」や「ジミー・キンメル」他多くの番組に出た。スーパーのターゲット独占のデラックス盤も考えるとTV媒体は重要で効果があったようだ。最終的に正確な売り上げ数字はアメリカ時間の来週水曜日に出る。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP