ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秦 基博 初のベスト盤に豪華著名人7名が寄稿、年末にシングル「ひまわりの約束」デラックス盤をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月29日に弾き語りによる秦 基博初のベストアルバム「evergreen」が発売された。初回生産限定盤に付属の48Pスペシャル・ブックレットには、映画『STAND BY ME ドラえもん』監督/八木竜一をはじめ、アニメーション監督/新海誠、映画監督/河瀬直美、放送作家・脚本家/小山薫堂、映像作家/島田大介、グラフィック・デザイナー/北山雅和、女優/優香と、豪華著名人7名からのコメントが寄せられている。秦の楽曲や弾き語りの魅力について、それぞれの愛情溢れる温かなメッセージが心を打つことだろう。

「evergreen」は、秦自身の音楽スタイルの原点となる“弾き語り”にフォーカスした作品で、「ひまわりの約束」をはじめ「鱗(うろこ)」「アイ」他、現在までにリリースされた全シングル曲に加え、昨年ヨコハマタイヤBluEarth CMソングに起用され「2013年間 USEN J-POP ランキング」にて1位を獲得した「Girl」などの代表曲を網羅。全21曲がDISC2枚に収められた。秦のデビューから現在に至る8年間のヒストリーを“弾き語り”で辿ることが出来るとあって、シンガー・ソングライター/秦 基博を知る上での「入門編」であると同時に、彼の真髄とも言うべき“歌”と“ギター”にこだわり抜いた、まさに秦 基博にしか作れないベスト盤となっている。

そして年末に向け、『STAND BY ME ドラえもん』と「ひまわりの約束」、映画と主題歌が共にロングヒットを記録した記念に、シングル「ひまわりの約束 –Deluxe Edition-」が12月24日に発売されることが決定した。このデラックスエディション盤は、既発のシングルとは絵柄違いの「秦・ドラえもん・のび太」のコラボ写真で構成された三方背ケース仕様となり、新たに特典DVDが付属される。

この特典DVDには、公開後1ヶ月足らずでYouTube総再生回数が300万回を突破した感涙の「映画『STAND BY MEドラえもん』コラボレーションVer.」や「Original Ver.」、さらにはドラマ仕立ての構成で秦自身の演技が話題の約13分に及ぶ「弾き語りVersion <Director’s cut.>」といった、「ひまわりの約束」のミュージック・ビデオ豪華3バージョンが収録される。

リリース情報
弾き語りベストアルバム「evergreen」
2014年10月29日(水)発売

初回生産限定盤(2Blu-spec CD2)AUCL-30022~23 3,611円+税

通常盤(2CD)AUCL-167~8 3,241円+税

「ひまわりの約束」-Deluxe Edition-
2014年12月24日(水)発売
2015年3月末迄の期間生産限定盤(CD+DVD)AUCL-173~4 1,852円+税
三方背ケース仕様(既発のシングルとは絵柄違いの「秦・ドラえもん・のび太」のコラボ写真を使用)
特典DVD付属
収録曲
CD
M1.ひまわりの約束
M2.海辺のスケッチ
M3.グッバイ・アイザック(Acoustic Session with 島田昌典)
M4.ひまわりの約束(backing track)
※CD収録曲は既発の通常盤(AUCL-164)及び、既発の2014年12月末迄の期間生産限定盤(AUCL-165)と共通。
DVD
1.ひまわりの約束MusicVideo<映画「STAND BY MEドラえもん」コラボレーションVer.>
2.ひまわりの約束MusicVideo<Original Ver.>
3.ひまわりの約束(弾き語りVersion)MusicVideo<Director’s cut.>

関連リンク

秦 基博オフィシャルPCサイトhttp://office-augusta.com/hata
秦 基博オフィシャル・モバイルサイト「MOBILE GREEN MIND」http://augusta-mobile.com/hata
秦 基博オフィシャルfacebookhttps://www.facebook.com/hata.official
秦 基博オフィシャルtwitterhttp://twitter.com/hata_official
YouTube「AUGUSTA CHANNEL」http://jp.youtube.com/user/officeaugusta
アリオラジャパン・オフィシャルサイトhttp://www.ariola.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP