ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エボラ より感染しやすいウイルスに変異の危険が迫っている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年12月、ギニアの2歳児がコウモリと接触して感染したことから始まったとされるエボラ出血熱の爆発的な流行は、またたく間にリベリア、シエラレオネなど近隣の国々に被害を広げ、ついには海を渡りアメリカ、ヨーロッパにまで飛び火した。感染者は10月22日までに9900人以上、死者は4800人を超えた。

 国連のエボラ出血熱対策チーフであるアンソニー・バンバリー氏は安全保障理事会で、「エボラは我々より先を行っている。12月までの闘いで勝敗が決まるだろう」と危機感を表明した。

 終息が遅れれば犠牲者が増えるのはもちろんだが、もっと深刻な事態を招く。カリフォルニア大学サンフランシスコ校でエボラを研究する伝染病専門医のチャールズ・チウ准教授が語る。

「エボラウイルスはインフルエンザなどと同じRNAウイルスに分類される。これは自身を複製する際に変異しやすいタイプのウイルスだ。ウイルスの蔓延が長引けばその間に毒性や感染力が変化してしまう危険が増える」

 最初の感染者が死亡してからすでに10か月以上が経過した。それだけウイルスがより危険に変異する時間があったということだ。

 コウモリなどの野生動物から人へ感染し、人から人へも感染するエボラ出血熱は致死率こそ約70%と高いが、国立感染症研究所のHPで「体液と直接接触した場合に感染の危険が生じる」と説明されているように、感染力は高くないとされ、感染者の血液や吐瀉物に触れなければ心配はないといわれてきた。

 ところが今回の感染拡大の過程では様々な情報が飛び交っている。9月21日、西アフリカで感染したスペイン人宣教師がマドリードの隔離病室のある病院に搬送された。

 宣教師は4日後に死亡するが、病室の清掃を担当した女性看護師がエボラウイルスに感染し、アフリカ大陸以外での初の感染者となった。医療従事者はエボラ患者に接触する際、防護服に身を包む。にもかかわらず感染したのである。

「当初、看護師は感染者の体液に接触していないと証言していた。それが、数日経ってから『防護服を脱ぐ時に手袋をしたままの手で自分の顔を触った』と話が変わった。保健当局が看護師の不注意だと責任をなすりつけているのではないかという見方もあり、正確な情報がわかっていない」(現地ジャーナリスト)

 看護師が住んでいたマンションでは住民説明会が開かれ、参加した40代の現地女性は、「役所の人間はリスクがないといっているが、ふざけた話だ。エボラを風邪か何かだと思っているんだ」と声を荒らげるなどウイルスの感染力が想定よりも強いのではないかと現地はパニック状態が続いた。

 米サイエンス誌に掲載されたレポートによれば、今回のエボラ流行の中ですでに300以上のウイルスの突然変異が発見されているという。レポートの共同執筆者の一人であるロバート・ゲイリー博士(チュレーン大学がんセンター微生物学・免疫学部教授)はこう語った。

「今のところ大きな変異は確認できていないが、監視し続けなくてはならない。ウイルスが体の外や表面でより長く生きるようになったり、もっと伝染しやすいウイルスに変わる可能性は排除できない。そしてその可能性は流行が長引くほど高くなる」

※週刊ポスト2014年11月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新型鳥インフルエンザH7N9とH5N1の違いとは
下水処理の消毒でも死なないノロウイルス 特効薬がない
1個のインフルエンザウイルスは24時間で100万個に増殖

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。