ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べる前も肝心!? 部屋に残る焼肉の臭い対策とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自宅でも思いっきり焼肉を楽しみたい! しかし、そこで問題となるのが焼肉後に残る強烈な臭いだ。市販の消臭スプレーだけでは対処できず、ひどい時は数日間残った臭いに悩まされることも……。

臭い残りがイヤで、自宅で焼肉をしない人も多い?

そこで今回は、簡単にできる焼肉の臭い対策を「焼肉を始める時」「焼肉を食べている時」「焼肉を終えた時」の3つのシーンに分けて紹介したいと思う。焼肉を始める前に……

・換気扇&窓開放で空気の通り道を作ろう!
ホットプレートで焼きながら食べる場合、煙が多く出るため、換気扇だけでは換気が追いつかない。換気扇と窓の開放で空気を通しやすくし、部屋に臭いがこもらないようにしよう。

・動かせない家具には新聞紙を
臭い残りの元凶のひとつは、油の混じった煙「油煙」。この油煙が部屋中に飛び散り、天井や家具、カーテンなどに染み付いて、焼肉が終わった後でも特有の油臭さを発するのだ。ソファなど動かすことが難しい大型家具には、あらかじめ新聞紙をかけ、油付きを防ごう。焼肉を食べる時は?

・脂の多すぎない肉を選ぼう
脂が乗っていればいるほど、油煙は発生しやすくなるもの。脂の多いホルモン系は、店やアウトドアの時に楽しむとして、自宅で行う時はなるべく脂の少ない肉を選ぼう。

・焼肉のたれは、食べる時につけるべし!
たれに漬け込まれた肉はもとから味がついていて便利だが、焼いている時にタレがプレートに焦げ付くことで、イヤな臭いのもとになってしまう。肉は塩やコショウで軽く下味をつけて焼き、食べる時にたれをつけるようにしよう。そうすれば、臭いのもとを減らすことが可能だ。終わった後はなにをするの?

・濡れたタオルを振り回せ!
臭いの成分は水に溶けやすく、かつ、吸収しやすい性質があると言われている。その性質を利用し、水で濡らしたタオルを空中で振り回せば、煙や臭いを吸収してくれる。一カ所だけではなく、部屋中でやると効果バツグン。

・床や壁を水拭きしよう
水に溶けやすい臭いの成分には、水拭きも効果的。床、壁以外にも、油が飛び散っていそうなテーブルやイスのなどの家具も拭いておこう。油のベタつきがひどい場合は、少量の中性洗剤を水に加えると◎。

・茶葉をフライパンで炒る
茶葉を加熱することによって生じるカテキンいう成分には、臭いのもとを抑える効果がある。フライパン(鍋でも可)にひとつかみの茶葉を入れて弱火にかけ、煙が出てきたら火を止める。あとはフライパンを持ち歩いて、部屋に煙を行き渡らせるだけ。日本茶をはじめ、紅茶やウーロン茶でもOK。使い終わった茶葉は、布袋に入れて靴箱などの消臭剤としても再利用できるので一石二鳥だ。

いかがだろう。ちょっとした手間で、臭い残りはグッと抑えられる。気兼ねなく焼肉を楽しむためにも、しっかりと対策をすることをオススメする。

(田村里佳+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP