ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

売れる食パンの厚さ 関東は6枚切り、関西は5枚切りが圧勝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 関東と関西は、うどんのつゆの色や、すき焼きの作り方など「食」に関して様々な違いがある。それは、「好まれる食パンの厚さ」も同様だ。年間売り上げ559億円・食パン市場のブランドシェアNo.l(※1)を誇るPasco『超熟』の「○枚切り」がどれだけ売れているのか。関東と関西に分けてデータを見てみるとその嗜好の差がクッキリ。

関東vs関西 『超熟』の売れている厚さ(※2)
     関東  関西
4枚切り 10%  16%
5枚切り 10%  46%
6枚切り 57%  36%
8枚切り 23%   2%

 Pasco調べによると、関東は薄切り、関西では厚切りが売れている。特に関西では5枚切りがダントツ人気で、弾力のある食感を好む人が多いのだという。

※1:インテージ・SCIデータ「食パン」全国市場における2012年1月~2014年8月のブランドシェア(金額ベース)

※2『超熟』の2014年5・6月実績より(Pasco調べ)

※女性セブン2014年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
関東と関西でおにぎり、いなり寿司の形、食パンの好み異なる
日本人が一番好きなパンの厚さは「3枚切り」であること判明
食パン戦争 コンビニPBと「パン屋のプライド」が真っ向勝負

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP