ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 GEAK、円型ディスプレイを採用したAndroidスマートウォッチ「GEAK Watch II」シリーズを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートデバイスブランド「GEAK」が Android ベースのスマートウォッチ「GEAK Watch」の新モデルとなる「GEAK Watch II」と「GEAK Watch II Pro」を発表しました。GEAK Watch シリーズは Android ベースの「Geak Watch OS」を搭載したスマートウォッチ。内蔵の Wi-Fi 通信機能を利用してスマートウォッチ単独で利用するのが基本です。その後継となる GEAK Watch II / II Proは円型ディスプレイを採用しており、Moto 360 や LG G Watch R に似た外観となりました。どちらもディスプレイは直径 1.26 インチ 320 × 320 ピクセルの半透過型 LCD(マルチタッチ、ドラゴントレイルパネル)を搭載しています。2 モデルの違いは主に筐体の作りです。GEAK Watch II はブラックボディ(素材は不明)にブラックメタルのリストバンドが付属する一方、GEAK Watch II Pro はハンドメイドのメタルボディにレザーバンドが付属します。また、バッテリー容量にも違いがあるようで GEAK Watch II Pro は GEAK Watch II よりも 20% ほど長持ちとされています。スペックは、384MB RAM、2GB ROM、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0 / v2.1、加速度 / ジャイロセンサーを搭載。GEAK Watch II シリーズには心拍センサーが追加されています。価格は、GEAK Watch II が 1,999 元(約 35,000 円)、GEAK Watch II Pro が 2,499 元(約 44,000 円)です。Source : GEAK


(juggly.cn)記事関連リンク
SCE、Xperia Z3シリーズ向けに「PS4 リモートプレイ」のAndroidアプリをリリース
英国のCloveに「LG G Watch R」が明日10月24日に入荷する見込み(更新)
Futuremark、Android版「PCMark」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP