ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まさにニッポンのサラリーマン! 窓際族の居眠りを起こして得点を競うスマホゲーム「寝おやじ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

終身雇用の伝統的な日本企業の職場には、高い給料をもらいながら仕事をしない窓際サラリーマンがいるものだ。定時に出社してくるものの、日中は新聞を読んだり、タバコを吸ったりしているだけ。

一体何のために会社にいるのか分からないが、そんな「働かないおじさん」をテーマにしたiOS向けゲームアプリが登場した。タイトルは「寝おやじ」。居眠りをする「社内ニート」のおじさんを起こすゲームだ。

クリスマス仕様でサンタ帽をかぶっている。

禿頭のおじさんがデスクに座っていると、「ふぁ~ムニャムニャ」とアクビして、よだれを垂らしながら眠りだす。タイミングよく画面をタッチして、鼻ちょうちんを「パァン!」と割ると、鼻ちょうちんの大きさに応じて得点が入る、という内容だ。
主人公は「田中よしお53歳」ブラック企業勤務

働かないおじさんは鉄人28号の夢を見る。

おじさんは目を覚ますとペンを持って仕事を始めるが、すぐに寝てしまうので、どんどん書類が溜まっていく。3回起こすと、おじさんの勤務時間が終了し、合計点が最終得点として表示される。

「スコア 2550シャッキリ!」
「にっぽう 眠気対策のコーヒー、効果なし」

という感じだ。また、おじさんは寝ると次々と夢を見る。スーパーマンや鉄人28号になって空を飛んだり、道路をスケボーで走り回ったりする内容で、起こされたときに見ていた夢によって得点が加算される。繰り返しプレイすると新しい夢が追加されて、高得点が出しやすくなる仕組みになっている。

アプリの説明によると、おじさんは53歳で「田中よしお」という名前がある。勤務先は「ブラック企業」となっているが、現実のブラック企業ではこんな働き方は許されないだろう。パソコンもなく紙とペンで仕事をしているので、昭和の日本企業のようである。

シンプルなゲームではあるが、意外とはまる人がいるようで、レビューサイトには「まったり自分のタイミングで楽しめました」と高く評価する書き込みもあった。ちなみに、現在のプレイヤー数は702人。編集部でも30分ほどプレイして「2967シャッキリ!」を記録し、ランキングで32位に入った。

アプリを作成したTadaomi Kageyama氏は、ほかにも「ヅラ×おやじ」「メガネ×おやじ」など中年男性をテーマにしたゲームを制作。今年1月にはプレイヤーの社畜度を図るアプリ「社畜診断 ~あなたに潜む社畜の真実~」もリリースしている。

あわせて読みたい:若者が自立できないのは「働かないおじさん」が原因?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP