ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金子ノブアキが市原隼人とタッグの刑事役に挑戦「本職の人に指導してもらいました」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

dビデオで独占配信中のスペシャルオリジナルドラマ『ハング』は、誉田哲也原作によるハードな刑事ドラマだ。市原隼人演じる主人公・津原英太の相棒刑事、小沢俊介役を熱演した金子ノブアキは、「こういうむさくるしい男のドラマ、得意です(笑)」とストレートに魅力を語る。

35万部を突破した人気小説をドラマ化した本作は、誉田原作の中でも最もハードな警察小説がベース。若い刑事たちが、権力、陰謀、裏切りなど、見えない敵に翻弄されながらも、自分たちの正義を胸に抱いて奮闘する警察ドラマで、女っ気がほぼない男臭い世界が熱く、「むさくるしいほうがやりやすいですね」と金子自身も気に入っている。「BeeTV dビデオでは何回か仕事をしていますが、イメージ的にライトな作品が多かった。やっと、やっと、コノ手の骨太なドラマに出ることになって(笑)。正直、本当にうれしかったですね」と語る。

金子は自分が演じる小沢俊介という男を、「基本的にはムードメーカーだが、暑苦しい男(笑)。でも実はお人好しで、組織のことを考え、情に厚いタイプ」と分析している。『ハング』という世界観の特性上、ほかの男たちと異なるテンションの小沢は、「重たいシーンが多いので、そこでギャップを出すというか」という役割を担っているとも言う。「でも、どうも本当に小沢みたいな刑事さんって、いるらしくて。指導していただいた本職の人が言っていました(笑)。返事、テンション感、大いに参考にしてリアルに演じたつもりです」。

この『ハング』。確かに重くシリアスだが、強大な”闇”というテーマは、決して遠い架空の世界の犯罪ストーリーではない。観る人の共感を集めそうな点も、見逃せないポイントだと金子は言う。「要は”闇”は外側だけじゃないってことなので、そのヘンの商店街の人間関係でも当てはまるテーマだとオレは思いますね。商店街で創造するほうが、もっとリアルで怖いかも。それと『ハング』は爆破シーンでも誰か死亡してない? って、心配になるほどデカいスケールで撮った作品なので(笑)、まずとにかく一度観てほしいですね」。

【『ハング』予告編】http://youtu.be/GatYqW9SBAU

『ハング』サイト
http://video.dmkt-sp.jp/ti/10008609

dビデオとは?
テレビやパソコン、スマートフォンで楽しめる国内最大級の定額制動画配信サービス。約23,000タイトル以上の作品が月額500円(税抜)で見放題となっており、現在ドコモ以外のユーザーの方も登録可能となっている。Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP