ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

竹田城跡の雲海 前日の夕方頃まで雨で当日が晴れの日がベスト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 石垣が雲の上に浮かぶように見えるため「天空の城」と呼ばれている兵庫・朝来市の竹田城跡。以前まで観光客数が年間2万人程度というマニア向けの城も、ここ数年メディアに取り上げられるようになり観光客が急増。昨年度は50万人を突破した。

 しかし、いつも「天空の城」が見られるわけではない。昨年の雲海の発生率はわずか8%。自然現象である雲海の発生は事前に予測できるのか? 山岳気象予報のエキスパートである「ヤマテン」の猪熊隆之さんは、こう説明する。

「雲海が発生するには、気温が上空ほど高くなる“逆転層”ができなければいけません。これは通常とは逆に上空ほど気温が上がる現象で、空気が安定するため雲が低い位置で滞留するのです。条件としては、まず高気圧に覆われた晴れの日の早朝、逆転層を安定させるために風がなく、ある程度冷え込むこと、そして雲を発生させるための湿度も必要です。前日の夕方頃まで雨で当日は晴れ、という日がベストでしょう」

 これらの条件から日程を割り出せば、確率はグンと上がるはず。予測するには気象庁がホームページで公表している週間天気予報、天気図などが参考になる。

「天気図などは1週間前から見られますが、2、3日前の予測がより精度が高い」(猪熊さん)
 
 昨年の雲海発生日を見ると11月が圧倒的。しかも今年は12月11日から来年3月19日まで竹田城跡は冬季閉鎖されてしまう。今年中に見たい人は早めの計画を。

 最後に雲海に当たるためにおさえておきたいツボをまとめると…

・前日が雨で当日が晴れの日を狙うべし!
・早朝の気温が低く日中の気温との温度差があることが重要
・湿度が高く風が弱い日がベスト
・日本海側に高気圧が発生の目印

 この4つのポイントがあるようだ。

※女性セブン2014年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
原発再稼働で注目 今夏は一昨年並の猛暑になるか気象予報士予測
KARAのジヨン 18歳の若さが弾けるムチムチ太ももに釘付け
ゲリラ雷雨 全国で8割以上の確率で発生1時間前に予測可能

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP