ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西野カナ、自身初のハロウィンライヴで8変化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

来年20万人規模の全国アリーナツアーを控えている西野カナが、自身初となるハロウィンをテーマにしたスペシャルライヴを10月26日(日)と27日(月)の2日間にわたって開催した。

本公演の会場となったのは東京国際フォーラム・ホールA。5,000人のキャパシティを誇る東京国際フォーラムだが、チケットは2日間ともに5分で完売。2日間で10,000人限定のハロウィンライヴは、ファンにとっては非常にプレミアムな公演となった。また、今回の「HALLOWEEN COLLECTION」は、西野カナ初のハロウィンライヴということもあり、さまざまなキャンペーン企画も開催。ハロウィンライヴのイメージキャラクターの名前を事前にファンクラブで募集し、5,000人の応募の中からグランプリは“LOVIL(ラビル)”に決定した。

さらに、公演に先駆け、自身がプロデュースするハロウィンパーティーアイテムを取り扱うWEBショップ「HALLOWEEN COLLECTION STORE」を9月5日よりオープン。スウェットやニットキャップなど秋のファッションとしても活躍しそうなアイテムから、マントや蝶ネクタイといった仮装グッズ、大人気ネイルフィルムブランドのVlliVlliとコラボしたネイルシールまで、幅広く展開している。これまでのライヴグッズはすべて西野本人が手がけており、今回も個性的なアイテムが勢揃い!

ライヴ当日はファンが参加できるスペシャル企画「仮装して参加しよう!!“Halloween Collection BEST COSTUME AWARD”」を開催。HALLOWEEN COLLECTIONスタッフが会場に紛れてお客さんの仮装をチェックし、その目に留まった方には公演終了後に西野と対面できるMeet & Greetへの招待状がその場で手渡された。そんなスペシャル企画満載の本公演は、オープニングもハロウィンらしいサプライズが。鐘の音が会場に鳴り響くと、会場が暗転。本編スタートと同時に、客席の中から黒マントに覆われて片手にランタンを持ったダンサー10名が現れ、そのままステージに移動する。そして、ステージ中央のポップアップより、同じく黒マントに覆われた西野が登場。会場は歓喜の渦に包まれた。

公演曲目の1曲目もサプライズソングでスタート! ハロウィンソングとして定番のディズニー映画『The Nightmare Before Christmas』の劇中歌「This is Halloween」をスペシャルカヴァーした。その後も、2009年にリリースされて当時の女子高生に大人気となったシングル「もっと…」やメイベリンニューヨークマグナムのCMソングとしてオンエアされた「MAYBE」など嬉しいヒットソングが続く。そして、西野の新境地を開いたヒットシングル「Darling」のイントロが流れると会場には歓喜の声が響き、温かな盛り上がりを見せた。

ここからステージは温かいバラード中心の展開に。昨年実施されたファンクラブツアー「The Nishino Family Party 2013」でファン人気投票1位となった人気曲「Rainbow」をアコースティックヴァージョンで披露。ファンに根強い人気のバラード「このままで」もしっとりとしたアコースティックバージョンで歌い上げた。MCパートでは、ブログに寄せられたコメントを西野本人がピックアップし、コメントを寄せてくれたファンと会話するなど親近感あふれる場面も。その後はさらにサプライズカバー。おとぎの国から飛び出したような衣装のダンサー陣に囲まれてテイラー・スウィフトの「We Are Never Getting Back Together」を披露したほか、本公演では合計4曲のカバーを聴かせてくれた。

また、彼女のワンマンライヴで注目を集めるのがコスチューム。本公演もハロウィンのコンセプトを取り入れたキュートかつゴージャスな衣装で登場した。コウモリのようなシルエットがポイントのダークマント、袖がボリューミーなファーとダルメシアン柄が目を引くレディなバイカラーモードスタイル、今年の秋冬流行しているダスティパステルカラーを使ったおとぎ話の主人公のようなアンティークブルーワンピース、ハートの女王をイメージした大ぶりのダイヤ柄が際立つクイーンドレス、トランプがちりばめられた遊び心たっぷりのチュールドレス、ビジューが大胆にデコレーションされて洋書の表紙のようなデザインになっているゴールドミニワンピース、繊細なディティールが施されたラベンダークラシックドレス、リップが大胆に描かれたスポーティなスウェットにミモレ丈のスカートを合わせたガーリーストリートコーデと、合計8着にわたる豪華衣装を披露!

後半には、日本テレビ系ドラマ『花咲舞が黙ってない』の主題歌として話題となった「We Don’t Stop」、昨年末の『紅白歌合戦』でも披露した失恋バラード「さよなら」とヒットシングルを立て続けに歌唱した。アンコールは、ロート製薬 肌研シリーズ「極水」CMソングとしてオンエア中の「LOVE & JOY」からスタート。そして、最新シングル曲「好き」を披露すると、会場からは割れんばかりの歓声が沸き起こった。アッパーチューンの「Sweet Dreams」では会場が一体となる盛り上がりを見せ、西野カナ初となるハロウィンライヴは幕を閉じた。

11月12日には、いよいよ通算5枚目となる待望のニューアルバム『with LOVE』をリリースする西野カナ。そのアルバムを受けて、来年春からは全国11会場18公演、20万人規模に上る全国アリーナツアー「with LOVE tour」を開催。今後の活躍にも注目だ。

アルバム『with LOVE』
2014年11月12日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-1609~10/¥3,600+税
【通常盤】(CDのみ)
SECL-1611/¥3,100+税
※曲目未定
<DVD>※初回生産限定盤のみ
ビデオクリップ&メイキング収録

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
西野カナ オフィシャルHP
西野カナ、“みんなの日常にそっと寄り添いたい”という想いを込めたニューアルバムをリリース

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP