ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BlackBerry Classicの型番と思われる「SQC100-1」がGCFの認証を取得。FOMAプラスエリアとLTE Band 1/3に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BlackBerry Classic と思われる「SQC100-1」が 10 月 27 日付けで Global Certification Forum(GCF)の認証を取得しました。BlackBerry Classic は複数の型番が存在すると噂されており、今回 GCF の認証を取得した SQC100-1 は欧州向けに投入される型番と予想されます。ただしBlackBerry Passport においては北米版と欧州版の型番が一緒の SQW100-1 だったため、同型番が北米向けに投入される可能性もあります。認証は、GSM 850 / 900 / 1800 / 1900MHz、WCDMA 800(Band 6) / 850(Band 5) / 900(Band 8) / 1900(Band 2) / 2100MHz(Band 1)、LTE cat 4 800(Band 20)/ 850(Band 5)/ 900(Band 8)/ 1800MHz(Band 3)/ 1900MHz(Band 2)/ 2100MHz(Band 1)/ 2600MHz(Band 7)で取得しています。FOMA プラスエリアの WCDMA 800(Band 6)だけでなく、LTE 1800MHz(Band 3)/ 2100MHz(Band 1)にも対応していることがわかります。BlackBerry Classic は、従来の BlackBerry 端末の象徴でもあったトラックパッドやメニューボタンなとのディスプレイ下部の物理ボタンを搭載した端末で、OS は BlackBerry OS10.3 を搭載すると言われています。ディスプレイ下部の物理ボタンを搭載する BlackBerry 端末では初の OS10 搭載です。BlackBerry Classic の流出情報・画像は多数出ていますが、まだ BlackBerry からの公式発表は行われていません。噂では 11 月に発表されると伝えられています。Source : GCF


(juggly.cn)記事関連リンク
Microsoft、Office 365契約者向けに「OneDrive」のストレージ容量を無制限化
Google、Android版ハングアウトの音声通話で最初の1分間を無料化、25か国で適用
Galaxy A7(SM-A700)がGFX Benchの公式サイトで捕捉、5.2インチフルHDディスプレイ、Snadragon 615を搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP