ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ベルセルク」蝕の空間で暗闇より出る髑髏の騎士をダークレッドカラーで立体化!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Skull Knight 2014Ver. 限定II」
©三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社

三浦建太郎が描く人気マンガ「ベルセルク」より、「Skull Knight 2014Ver. 限定II」が発売される。

「ベルセルク」のフィギュアなどを販売する「ART OF WAR」直販限定となる同商品。蝕の空間で暗闇より出る「髑髏の騎士」をダークレッドカラーで再現。

台座の生々しさは「蝕」の場面を再現しており、騎乗の髑髏の騎士は黒から赤へうつり変わる絶妙な色変化をとらえたという。

また、ダークトーンの中に光る高度で複雑な金属感を表現しており、髑髏の騎士のからだ・襟周りのとげ、これまで手を入れ切れていなかったという馬体の甲冑ライン・飾り一つ一つに手を入れ磨き上げることでより尖ったシャープエッジを実現したという。

製品サイズは、1/10スケールの、高さ約40×幅約23×奥約33(cm)。付属品は「喚び水の剣」、差替え「通常仕様の剣」、シリアルナンバープレート(No.051~)を用意。

価格は9万7,200円(税込)。予約締め切りは11月10日で、12月下旬〜2015年1月上旬発送予定。

蝕の空間で暗闇より出る「髑髏の騎士」をダークレッドカラーで再現
©三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社

馬体の甲冑ライン・飾り一つ一つに手を入れ磨き上げることでより尖ったシャープエッジを実現
©三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社

「喚び水の剣」、差替え「通常仕様の剣」も付属
©三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社

ダークトーンの中に光る高度で複雑な金属感を表現
©三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社

台座の生々しさは「蝕」の場面を再現
©三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社

騎乗の髑髏の騎士は黒から赤へうつり変わる絶妙な色変化をとらえた一品となっている
©三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社

▼リンク
「Skull Knight 2014Ver. 限定II」

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP