ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

砂糖を控えても虫歯は減らない!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昔から、甘いモノを食べ過ぎると虫歯になるとよくいわれる。でも、菓子類やスイーツに手を出さなくても、砂糖は料理においても定番の調味料。それを控えるのは、現実的にはなかなか難しい。

【画像や図表を見る】

末永く食を楽しめるよう虫歯を予防するには、僕らは日頃、何に気をつければいいだろう? 恵比寿西口デンタルクリニックの小島将太郎先生に聞いてみた。

「虫歯とは、ミュータンス菌やラクトバチルス菌といった虫歯菌が、口腔内で糖分を分解する際に発生する酸が歯を溶かす症状(脱灰)のこと。糖が虫歯のもとといわれるのはそのためですが、だからといって単に砂糖の量を減らせばいいかというと、そうではありません。虫歯には他にも様々なリスク要因があります」

小島先生によれば、口腔内のメンテナンスを担う唾液の活動が1つのポイント。

「唾液には歯の汚れを洗い流したり、ミネラル分によって歯の再石灰化を促したり、あるいは酸性に偏った口腔内のpH値を中性に戻す働きがあります。つまり、口の中は常に脱灰と再石灰化を繰り返していることになりますが、そのサイクルのバランスを守るために注意するべきは、砂糖の摂取量よりも、摂取する時間や頻度です。最も良くないのは“ダラダラ食べ”ですね」

食後、虫歯菌の働きで急降下したpH値は、唾液の働きで回復される。ところが、ダラダラと長時間かけて食事をしたり、頻繁に間食をはさんだりすることにより、pH値の回復が追いつかなくなり、口内が酸性に偏っている時間が長くなってしまうわけだ。

「糖尿病などのリスクを度外視していえば、一度に大量の砂糖を摂取したとしても、その都度うがいやブラッシングでpH値の回復を促せば、虫歯のリスクは抑えられるのです」

これは甘党には朗報? 規則正しい食生活とブラッシングが、いつまでも歯を健康に保つカギなのだ。
(友清 哲)
(R25編集部)

砂糖を控えても虫歯は減らない!?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

身体にまつわる都市伝説の過去記事一覧
「朝シャンはハゲる」説を検証!
女性は出産で体質が変わる?
米を食べ過ぎても糖尿病になるの?
「顔ダニ」は美容の味方だった!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。