体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜でアルパカに会える!氷取沢ファミリー牧場の様子をレポート

横浜でアルパカに会える!氷取沢ファミリー牧場の様子をレポート

横浜のココがキニナル!

氷取沢の牧場でアルパカを飼っているようです。きになるので見てきてください。なぜアルパカを飼うようになったかも知りたいです。(Ichiさんのキニナル)

はまれぽ調査結果
経営者の奥さんが一目惚れして飼い始めた、5頭の愛くるしいアルパカとふれあえる牧場だった!

テレビCMやゲームなどにも登場し、今やすっかりおなじみのアルパカ。
あのモフモフした毛やクリっとした目が、なんとも言えない可愛さだ。

でも、モフモフやクリクリは知っていても、生でアルパカを見たことがある人って意外と少ないんじゃないだろうか。
ズーラシアにも野毛山動物園にもいないし、ちょっと特別なイメージもある。

ところが、横浜市内でもアルパカを飼育している場所がある、というのが今回のキニナルだ。

アルパカに会いに行こう!

その場所というのが、先日の「磯子区氷取沢町の名前の由来は?*1」でも舞台となった、磯子区氷取沢。

*1:「磯子区氷取沢町の名前の由来は?」 2013年02月04日 『はまれぽ.com』
http://hamarepo.com/story.php?story_id=1630

下調べをしてみると、当地にある“氷取沢ファミリー牧場”という施設でアルパカが飼われているとの情報。
さっそく取材をお願いし、現地へ向かった。

横浜でアルパカに会える!氷取沢ファミリー牧場の様子をレポート

地名取材に続き、再び氷取沢へ

横浜市営バス、京急バス、江ノ電バスの各バスの氷取沢停留所で下車して、氷取沢市民の森方面へ10分ほど歩いたところに、その牧場はある。

横浜でアルパカに会える!氷取沢ファミリー牧場の様子をレポート

黄色い建物と看板が目印。すぐに見つかる場所にある

さっそく中へ向かうと、はやくもアルパカたちの姿が!

横浜でアルパカに会える!氷取沢ファミリー牧場の様子をレポート

柵に囲まれた広場にアルパカたちが!

アルパカくんたちの写真をたっぷりお見せしたいところだが、それは後ほどじっくりと。まずはこの牧場について教えてもらうことにしよう。

今年で5年目のアルパカ牧場

今回、お話を聞いたのは、氷取沢ファミリー牧場で働く鵜名山(うなやま)美樹さんと金井映美さんのお二人。

横浜でアルパカに会える!氷取沢ファミリー牧場の様子をレポート

動物取扱責任者を務める鵜名山さん(右)と研修中の金井さん

横浜市会議員の太田正孝氏が経営するこの牧場は、2000年に今と同じ場所でオープンした施設で、当時は一般的にイメージされるような、ウマやヤギなどを飼育する牧場だったんだそうだ。

横浜でアルパカに会える!氷取沢ファミリー牧場の様子をレポート

建物の周りにはテーブルの置かれたスペースも

1 2 3 4次のページ
はまれぽ.comの記事一覧をみる

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。