ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中華街の手相占いは、どこの店も同じ結果が出るって本当?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

横浜のココがキニナル!

中華街には手相占いの店が多くありますが、どこの店で鑑定しても同じことを言われるのでしょうか。また、実質、どのくらいの業者があるのでしょうか。手相以外の占いもキニナル。(恋はタマネギさんのキニナル)

はまれぽ調査結果
中華街には約50の占い店がある。手相占いの基本は同じで性格などは5軒でほぼ一致。ほかの占いや、占い師自身の経験などを元にした助言は、人による

中華街には、実力個性派の占い師がそろう

当たるも八卦、当たらぬも八卦。占いの中でも体の一部を見て診断する手相占いは、現状や本質的なものがわかるなどといわれる。
諸説あるが、手相占いは4000年ほど前からインドで始まり、その後、中国やエジプトで広まった。日本には中国から、平安時代に易学とともに伝わったといわれる。中国から伝来したこともあり、さらに風水学に基づいて造られた中華街での手相占いは信頼が厚いようだ。


生命線、運命線、頭脳線、感情線などを読んで鑑定

中華街発展会協同組合に問い合わせたところ、占いの店として発展会に加入しているのは10店舗ほどだが、ここ2~3年で、加入していない店も含め、手相占いは増え続けているようとのこと。中華街の店舗や看板、ネット検索で確認した限り、50店舗以上はあるようだ。
今回は、老舗人気チェーン店から、新店、ネット口コミなどで評判が広がった個人店まで5店舗で検証してみる。


中華街で多数見かける占いの看板

ちなみに、このキニナル調査担当に筆者が選ばれたのは「たいていの人は、5店舗であれやこれや言われたら気にしちゃうから・・・」。占いをどっぷり信じている人よりも、周囲の人に何を言われても、どう思われてもあまり気に留めない筆者なら客観視して調査できるのでは、という見解。どんな鑑定結果が待っているのか、いざ、中華街へ。


人気スポット横浜大世界の中にも占いが

まずは調査する5店舗の特徴と、鑑定していただく先生を紹介しよう。

(1)鳳占(ほううらない)やかた 市場通り店


入りやすい雰囲気

中華街に6店舗、新宿に2店舗を構える。開業は1995(平成7)年で、昨今増えているという中華街の占い店の中では古株の店だ。占い師は約60人を擁し、中華街では年間20万人も鑑定している実績豊富な店。占い師を育成する「みかど学院」を運営している。

みかど学院の院長、伊藤行斎(ぎょうさい)先生は、定年までファッション販売の大手企業に勤め、人事部として、採用の見極めや若手社員の相談に乗っていた。1対1の対面でコミュニケーションを取りながら、問題を解決してきた経験も生きているという。手相占いは、10分程度で1000円。今回取材した店舗5店は、ほぼこの価格設定だが、これも同店から広まっていったそうだ。
先生のそのほかの鑑定は、相性占い、算命学など。


占い師の人格が大切と伊藤先生


「中華街で一番古いと思います」と、鳳占やかた総務部長の居城(いしろ)さん


ちょこっと楽しめるおみくじも

(2)福運閣


元々は開運グッズ販売店の福運閣

場所は関帝廟通りの天長門の近く。中国の工芸品や風水開運グッズを扱う店舗で、運気上昇に関連する占いを今年から取り入れた。中華街の占い店としては新しく、発展会には入っていない。
坂元紫峰(しほう)先生は、かつて事業に失敗し職を探しているときに、広告で高島易断*1(明治時代に活躍した占い師、高島呑象〈どんしょう〉が始めた易学のこと)を知ったそう。

*1:「横浜の父! 高島町の名前の由来にもなった「高島嘉右衛門」ってどんな人だったの?」 2014年08月20日 『はまれぽ.com』
http://hamarepo.com/story.php?story_id=3222

1日8時間の研修を3ヶ月積んだ後、見習いとして全国をまわり、その後一人立ちした。中華街での占い師の経験は10年あるが、時間や相談とともに料金が徐々に上がっていくシステムを取り入れた店より、じっくりとお客さんの身になって鑑定したいという思いから福運閣へ。東京・自由ヶ丘でも鑑定をしている。
先生のそのほかの鑑定は、九星気学、周易活断など。


易学鑑定でも知られる坂元先生は、若かりしころは編集の仕事も


1回10分程度980円、サービスタイムは500円でもしっかり鑑定

(3)華陽園(かようえん)


中華街大通り沿いの角の店はにぎわう

中華街大通りに面する有名店。老舗のお土産屋さんだったが、類似店が増え運営が厳しくなったこともあり、コストのかからない新しいサービスをと5年前に占い店としてリニューアル。

雑誌の開運ナビゲーターとして活躍している、仁☆晴雲(じんせいうん)先生をはじめ、先生を指名して鑑定に遠方から訪れるリピーターも多い。英語、中国語、韓国語が堪能な占い師も多数。料金は、10分程度で1000円。
先生のそのほかの鑑定は、人相、九星気学、四柱推命、タロットなど。


奥様は占い師ライターの仁先生


「お客さんの意見も取り入れ、店作りしています」と運営担当の小川さん

(4)占い処 愛梨(アイリー)


「カモメ市場館」の2階が占いフロアになっている

チャイナドレスやアオザイを扱う「カモメ市場館」の1号店から、口コミでお客さんが広がり、2010(平成22)年にオープンしてから4年間で中華街に4店舗に拡大。1号店は1階のオープンスペース、2階の個室のほか、カフェラウンジでグループ占いも可能。
ジュエリー先生は、テレビ番組のレギュラーとして、お笑い芸人のサンドウィッチマンと占い鑑定をしていたことで知られ、芸能人の鑑定経験も豊富。料金は10分程度で1000円。
先生のそのほかの鑑定は、人相、算命学、タロット、方位、姓名判断、相性など。


「占い師の資質があったとしても勉強して土台をつくらないとダメ」とジュエリー先生


一般利用もできる2階のカフェは緑溢れる癒し空間


カフェの奥に個室の占いブース

(5)幸せ占い えがおの神様


横浜大世界の2階が占いコーナー。その中に手相占いのえがおの神様がある

横浜大世界の中にブースを構える、河野順子先生が営む個人店。発展会に入っているのは珍しいとのこと。亡くなられたご主人は、日本人初、北極点に単独徒歩で到達した河野兵市(ひょういち)氏。ご主人の死をきっかけに運命や占いに、より興味を持ち、人を笑顔に導きたいとの思いで鑑定。認定臨床心理カウンセラー、臨床心理療法士の資格も生かし、カルチャー教室での講師も務める。著書に『自分がわかる手相術』などがある。料金は、こちらも10分程度で1000円。
先生のそのほかの鑑定は、しあわせ占い(手相+生年月日)、タロットなど。


本名を名乗ることも大事にしていますと河野先生


著書や講義を通して手相術を教えている

では、それぞれのお店での鑑定の様子をご紹介。

本質を見透かされる、驚きの鑑定結果!

1軒目、鳳占やかた 市場通り店、伊藤行斎(ぎょうさい)先生
手相の見方:左手が先天的、右手が後天的

「では両手を出してみましょう。左手は生まれ持ったもの、右手が後天的に後から備わったものや環境を表します」と穏やかに語り、「はっきりとした手相ですね、これは生命力が強いということですよ」との言葉から始まった鑑定。
「頭脳線が二重になっているので、多彩なマルチ型。趣味も多いのでは? 組織の中でひとつのことをやるより、自分でいろいろとやるタイプですね。ただ、あれこれ同時に手を出すよりも極めてから次に進んだほうが、自分のモノにできるかもしれませんね」とアドバイス。

最初のこの助言だけでも納得。筆者は、これまで飲食店の自営業、スクール事業の経営、自由業(フリーライター)の経歴で、企業に就職したことがなく、常に次の仕事の準備と掛け持ちしながら独自に仕事をしてきた。中学時代の運動部のかけもちに始まり、今でも趣味が多いのだ。


手相がはっきりしているのは健康の証

「性格はやさしいですね」に続き、「直感型でひらめきや洞察力にすぐれ、キャッチコピーなどをつける仕事が向いている、空想癖があり、アートや芸術の分野も良いでしょう。運命(仕事)線が枝分かれし、外に向いているので、旅行や出張が多く、海外での仕事も向いているでしょう」と本質的な部分に触れた。

「先天的な左手より、右手に仕事などで道を開いた跡があるので、努力もされたでしょうね。人にも助けられたと思いますよ。感謝の気持ちを忘れないようにね」と言葉を添えられ、恩人の顔が浮かんだ。


頭脳線が下に向いているほど空想や想像が強くなるそう

人生の流れを見ると「晩年型なので、35歳過ぎてからはお金に困ることなし! コミュニケーションをとるのがうまく、おばあちゃんになってからも絶えず周りに人がいて、何か趣味を教えるような生活をしているでしょうね」と先のことも見据えた。この言葉だけでも明るい老後が想像でき、気分が軽くなるのであった。


「60歳を過ぎても人に恵まれそう。感謝が大切」

このような形で鑑定取材は続く。
検証取材であるので、自分からは身の上を語らず、リアクションを控えめに聞いていたが、どれも当てはまることなので素直に驚くばかりだ。
実は、これらの性格や適正は、残りの4軒でもほぼ同じように言い当てられるものであった。
「現状や今までやってきたことが、手相に表れるものなんですよ。手相はどんどん変わります」の伊藤先生の言葉に大きく頷くばかり。
手相は履歴書と成績表のようなものなのだろうか・・・と早くも、1軒目で手相占いを納得し始める筆者であった。


みかど学院の院長でもある先生の説明はわかりやすい

「悩んでいる人の背中を押してあげられると良いですね。手相占いの基本はありますが、時代によって世相を反映したり、これまでの人生相談での経験を生かした前向きなアドバイスを送ったりしたい」と伊藤先生。
「今あなたが元気でいられるのも、先祖代々の方のおかげ。感謝の気持ちを忘れずに」との言葉を胸に、店を後にした。

2軒目、福運閣 坂元紫峰(しほう)先生
手相の見方:利き手の左手が現在、右手が生まれ持ったもの

今年オープンしたこともあり、タイムサービスの500円で鑑定中だった福運閣。店先の椅子に座ると、「利き手はどちらですか?」の質問から始まった。
「どちらかというと左です(両利きに近いため)」と答えると、「刺激の多い利き手の左手が現状で、右手が生れ持ったものを表します」と伊藤先生とは逆の見方。

「頭脳線が交差していますね。優秀だが、人の言うことは聞かないね」とずばり。人の助言などをあまり真に受けず、結局自分で決めてしまう自分を見透かされたようで、少々申し訳ない気持ちになるのであった。


「行動的、開放的、空想が好きな夢見る夢子さんですね」

続いて、「ロマンチックな妄想家。映画、音楽、文学などに向いている。行動的、開放的、おおらかで性格はやさしい。人にウケがよく人気線がある。正義感が強い」とのこと。

「自分の実力だけではなく、まわりの人に助けられ、地位を築いてきた」と指摘。努力で道を開いてきたという伊藤先生とは、左右が異なるので、逆の見方になるようだ。
人に助けてもらいながら、自分なりに道を開いてきた自覚もあるので、これは判断が難しいところ。


人気線などの場所と長さを丁寧に解説

ここで生年月日を聞かれ、答えると「九星気学でいうと八白土星(はっぱくどせい)。不器用だけど実直でがんこ。身近な家族や自分が大切にしたい存在はとても大事にして尽くす。面倒見が非常に良い」と心当たりのある、新たな要素をプラス。

同行していた編集部・宮城にも生年月日を聞く、先生。
「あなたは受け身で気が弱い、気が小さいね。大地や母親を意味する、母性的な二黒土星(じこくどせい)。一緒にいると安心するような存在で、女性なら良妻賢母になる」との鑑定。

これは・・・! 気使いや振る舞いが女性のようにやさしい宮城。周囲から「オネェ」とからかわれていることを見抜かれたようだった。
「今年の2月から運気が上がり、さらに来年はよくなりますよ」の言葉に安心する宮城だった。


先生と宮城は星が一緒なので、とくによくわかるそう

坂元先生は九星気学も頭に入れて話すという。先のことや具体的な相談の結論を出すときは、「宿曜占星術(すくようせんせいじゅつ)」や易学(別料金)なども用いるそうだ。
「特に道に迷っている若い人達の手助けができれば」と先生。「手相は、努力と巡り合わせと環境の変化で変わります」の言葉が印象に残った。

続いて、3軒目の華陽園。仁☆晴雲先生
手相の見方:左手が右脳、右手が左脳を表す。

「左手で性格や感情、右手で理論的なこと、仕事などを診ます」と新しい診断の仕方。最初に生年月日も聞かれ、運気の波を表で説明してくれた。

性格や本質については、先の2軒とほぼ同じ内容だが、さらなる鑑定が。
「直感が強く、小さいころから、人とちょっと違う能力に長けていたり、価値観が人と違い、まわりから変わった子と思われているようですね。それと、飲み会などで騒いでいても、2階から周りを客観的に見渡して分析しているようなところもありますね」と図星の言葉(これはお酒が飲めないため、自分だけは冷静でいなくては、との思いもあるのだが)。


「周りと違うことがあってもそれが個性ですからね」

「結婚はしているのかもしれませんが、24歳、26歳ごろがよかったでしょうね。パートナーに恵まれ、この辺りで運が上向きに」と言われ、すかさず「24歳で結婚しました!」と返す。良い選択だったのだと安堵したのであった。


生年月日などからもしっかり検証

運気の波も説明する仁先生。「空亡(くうぼう)」と呼ばれる時期は要注意と話す。「でも、運気が落ちるといっても、気を落とす必要はありません、天気も人生も晴れの日ばかりではないですからね。雨の日は室内で楽しもうというような心掛けでいいんです。この期間は、仕事をするときに二重の確認をしたり、無理をせず、ゆったり過ごそうと頭の隅に置いてくださいね」との助言。肝に銘じて、お礼を言って店を出た。


運気を表にして渡してくれた

本質を見透かされる、驚きの鑑定結果!(つづき)

4軒目の愛梨。ジュエリー先生
手相の見方:利き手の左手が現在、右手が持って生まれたもの。

両手の見方を説明し、「生命線に障害線が細かく入っているわね。子どものころ、体が弱かったのね。大きな病気や骨折をかなりしているでしょう」と健康面から始まった鑑定。
どうやら、手術数回、骨折を5回していることが手相に出ているようだ。

「感情が人差し指と中指の真ん中にきているのは、面倒見が良過ぎる証。人の世話をしすぎですね。でもやってて良いのよ」と、ここでも身に覚えがあることを。


生命線に入る横線は障害などを示すそう

「40代の前で運命(仕事)線が途切れているから転職したのね。やる気もある。ずっと働き尽くめで稼ぎはあるけど、出ていくことが多いのね」
筆者の手の平の弾力を確かめながら、「働き疲れね。休めるときに休みましょう。お金にはしっかりしていて計画性があるから大丈夫」と金銭的なことにも付言し、すべて納得の筆者。

これは、手相だけでなく人相も診て判断したのだとか。
「眉は運気を表すから、あなた(ライター山口)の目の感じだともう少し濃い方が良いわね」とアドバイス。

同行していた編集部・宮城の眉の濃さは良いとのこと。


人相も見ながら判断しているそう

特別に宮城の手相も診てくれる先生。
「お酒呑みすぎてるわね。生命線が分かれていて、生まれた土地を出ている。けっこう遠いところね。あぁ、デリケートなんだ。職業を乗り換えたわね。独立独歩タイプですね」と矢継ぎ早に診断。

そして「あぁ、彼女いないね? ごめんなさいね。手が物語ってるのよ。恋愛まで行く前に別れることが多いようね」と、故郷、沖縄を離れ、彼女はおらず、1人暮らしで呑んでばかりの宮城は苦笑するだけだった。

ジュエリー先生は、幼いころから父親の心が読め、人の手を見ると言葉が浮かぶそう。中学生から手相に興味を持ち、独学で勉強を重ね、占い師としても30年以上の経験も積んでいる。


「算命学」では、生年月日を聞き、宇宙盤を使うことも。その先の方向性も見えるとのこと

「手は外なる頭脳。物語る」と言い、生年月日が分かればもっといろいろなことが分かると話す。「建国記念日でも国の様子が分かるもの。算命学は歴史があり、おもしろい」と、占いの領域を超え、学術としての興味もそそられた。

最後の5軒目、えがおの神様、河野順子先生
手相の見方:左手が右脳、右手が左脳。

華やかなテーマパークの2階にある、ブースで迎えてくれた河野先生。
「両手を出してみましょう、人間の体は陰陽と対になっていて、両手で両方の脳、大脳を見る感じです」と説明してから、鑑定スタート。
「特徴的なところからお話しますね、大きく枝分かれしている感情線がとても豊か、人と関わるのが好きなんですね。愛情豊かで、紹介やお見合い結婚など、良い条件を積まれても見向きもしない、自分の気持ちを大事にする恋愛型」と恋愛感を解説。
たしかに、「3高」が流行していた当時に真逆といえる学生と婚約した筆者は、条件を見ながら見定めするタイプではないといえる。


ご主人の話もしながら、家庭運や恋愛感を伝授

基本性格や仕事の適正などは、先の4軒とだいたい同じ内容。
「学生時代から家を出て、自立しているのではないかしら。生命線から財運線が延びている感じを見ると、自分のやり方で何か生み出して自分でお金を作るタイプ。やりたいと思ったら、困難に感じても乗り越えるのが生きがいね」と鑑定し、「お金を生み出しても、貯め込むタイプではなく、経験や人のために使っていますね。それが向いていると手相に出ていますよ」と、自分のポリシーとも言える部分を代弁されたようだった。


「自立心が強いし、それが向いている」と鑑定

「手相は予言や、当たる、当たらないではなく、自分がわかるということなんです。精神が人間を生かすので、どう生きるか、考え方を見直せるもの」と先生。

恋愛相談もよく受けるという先生が、例に出して語ってくれた。
「この人と結婚できるか、幸せになれるか、などとも聞かれますが、しようと思えばできると思うんです。自分で選んでいるだけなので。この人と幸せになれるか、ではなく、『この人となら苦労しても良い』と思える自分がいるか、どうかを気付かせるものだと思っています」と先生。手相占いは「予言ではなく、自覚を促すもの」と話した。

このように5軒で鑑定を終えた。言い回しは多少違うが、4軒以上で共通して言われた内容は、
「手相がはっきりしていて生命力が強い。空想や妄想壁がある。芸能・芸術・文学などのクリエイティブな仕事に向いている。直感や第六感のようなものが強い。組織の中より自立して成果を出す。前向き・やる気がある、人あたりが良い。人に頼られる。気がやさしい。マイペース」
とのこと。自覚症状多いにアリ。

そのほか、1店舗だけで言われたこと。
鳳・・・晩年型で財運がこれから安泰。晩年、人に何か教える立場に。
福運閣・・・異性にモテる。がんこ。不器用で真面目過ぎる。
華陽園・・・24歳で結婚。小説家に向いている。肝臓に気を付けて。
愛梨・・・骨折が多い、稼いでもお金は出ていく。健康でいれば子どもは2人。
えがおの神様・・・大恋愛型。経験のためにお金を使う、社会貢献の気持ちが強い。


それぞれの先生に背中を押された気分

調査した結果、生命線や頭脳線などベースの見方はだいたい同じため、性格や適職などはおおまか一致した。それに加え、先生によって、人相学や算命学などを取り入れ、鑑定経験から学んだことも生かし、独自の見解を入れているため、助言が異なってくるのだろう。

手相占いの中ではなく、タロットなどの別の占いを追加する場合は、どの店舗も別料金になるので、鑑定前に確認することをおすすめする。

取材を終えて

あまり占いに興味がなかったが、身なりや誘導だけでは言い当てられないことを示されたことも多く、手相に何かしら人となりが反映されていると感じた。

手相は未来を予言するものではなく、現状のプロフィールのようなものであり、自分の脳を客観的に見られるツールなのかもしれない。鑑定結果を聞いて、どう判断し、未来を作っていくかは自分自身だと感じ、己を見直す良い機会となった。

先生からの助言は身に染みるものばかりだった。
納得した方も、疑いを持った方も、いちど中華街で試してみてはいかがだろうか。

―終わり―

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
はまれぽ.comの記事一覧をみる ▶

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP