ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

物理演算を使った麻雀が凄い リアルすぎてまともに遊べない!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


物理演算を使った麻雀が公開されており話題になっている。物理演算とは物の動きをシミュレートしたプログラミングのことだ。摩擦、速度なども計算に入れられ実際の物に近い動きに見せるエンジンが世の中には数多く存在している。最も有名なのが多数のゲームで使用されている『Havok』エンジン。そして今回、物理演算麻雀で用いられているのは『PhysX(フィジックス)』というAGEIA社が開発した物理エンジン。この物理エンジンを使った麻雀が面白いので紹介したい。

こちらの物理エンジン麻雀は『ニコニコ動画』に公開されており、麻雀牌がリアルに動く様が見られる。放り投げると物理エンジンを使っただけあって、リアルに牌が崩れる様もさすがだ。

しかしこのゲームは全て手動で作業をすることを目的としているため牌の組み立てから全て手動となる。下手すれば切る際に相手に牌が見えてしまうことも。並べる時も慎重に牌を二段に乗せないと崩れ落ちてしまうなんてこともありえるのだ。

物理エンジンを取り入れリアルさを追求したが為にあえてやりにくくなったこの奇抜な麻雀ゲーム。ちょっと工夫すれば積み木ゲームやジェンガにもなりそうだ。

こういう意味のないデモンストレーションも触ってるだけで楽しいんだよね。『DirectX』のパーティクルデモなんか眺めてるだけで十分だった思い出。

画像:『ニコニコ動画』より引用

物理エンジンで麻雀を作ってみた。(ニコニコ動画)

■関連記事
彼氏の部屋でガッカリした経験は? 女性の意見「広い部屋!」「ユニットバスは嫌」
コミケカタログに「会場内『つぶやき』自重ノコト」という記述が? 「コミケ準備会の公式見解ではありません」
『風の谷のナウシカ』のBlu-rayが赤かった! ブルーレイなのに赤だよ?
アキバのホコ天7月18日再開の噂? 真相を聞いてみたところ…
週刊ガジェット通信ゲームズ 第2回「7月15日はファミリーコンピュータの発売日」

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP