ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

iTunes音楽売上は2014年で14%ダウン、Beats MusicはiTunesへ統合か

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
iTunes音楽売上は2014年で14%ダウン、Beats MusicはiTunesへ統合か

posted by Jay Kogami

アップルのiTunes音楽売上は2014年で14%ダウン。Beats MusicはiTunesの一部で2015年に再発進:WSJがレポート

世界的な影響が気になります。

アップルのiTunesストアからの音楽売上は、2014年に入って全世界で13%から14%大きく減少していると、ウォール・ストリート・ジャーナルは複数の情報筋の情報を伝えています。

世界的に音楽ダウンロードはこの1−2年で減少し始めています。業界団体IFPIがまとめたれぽーとによれば、2013年のデジタルダウンロード売上は2.1%減少しています。このトレンドの大きな要因は、無料の音楽ストリーミングサービスと定額制音楽配信が普及したことによる、音楽消費の変化です。アップルは今年5月に月額制音楽ストリーミング「Beats Music」を買収し、この領域でのビジネス強化を目指しています。

ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、アップルはBeats Musicを現在再編中で、2015年にiTunesの一部として連携させローンチし直すと伝えています。

アップルの課題は、Beats Musicでより多くのユーザーを有料会員化させるためにサービスを充実させることです。その一つの戦略がフリーと有料の2つのオプションを提供する「フリーミアム」戦略です。多くの音楽ストリーミングサービスは、無料で聴ける広告付きプランと、有料プランの二通りをユーザーに提供しています。Beats Musicは現在月額10ドルの有料プランのみを提供しています。

iTunes音楽売上低迷は、国の音楽売上にも影響を与えています。米国では今年上半期(1-6月期)にシングル/アルバム売上がそれぞれ11%, 14%減少しました。一方で音楽ストリーミングサービス売上は28%上昇し、デジタル音楽売上は22億ドルに増加するなど、音楽ストリーミングが一部の市場では音楽売上を牽引し始めています。

■記事元http://jaykogami.com/2014/10/9654.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。