ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本シリーズ第2戦、SB武田の完全試合を阻止した「地獄を見た男」阪神・狩野の意地の一撃

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月26日に開催された日本シリーズ第2戦、快投を続けるソフトバンク先発の武田は、6回2アウトまで18人の打者を完璧に封じ、阪神打線を完全に沈黙させていた。日本シリーズでまさかの完全試合か。両軍からのそんな期待と不安が漂い始めた頃、2アウトランナーなしの場面で打席に立ったのは代打・狩野恵輔(31)。狩野は2ボール2ストライクのカウントからの6球目、外角低めの変化球に必死で食らいつくと、左翼前に落ちるチーム初のヒットを放った。

「上州の掛布」として地元でも注目度の高かった狩野が、3位指名を受けて群馬県立前橋工業から阪神入りを果たしたのは、2000年オフのドラフトでのこと。その類まれな身体能力と、パンチ力を秘めた打撃に首脳陣からの期待は高く、いずれは阪神の正捕手にという声も多かったが、当時の正捕手は、チーム全体の要となっていたベテラン名捕手・矢野輝弘。その壁は厚く、ウエスタンリーグで首位打者を獲得するなど、二軍での活躍を見せるものの、ひたすら長い下積みを重ねることとなってしまった。

【動画】http://youtu.be/RpZ4ajrd0oU

その後、2009年には矢野の故障などもあり、狩野は自己最多の127試合に出場。二桁盗塁やリーグトップの敬遠数を記録するなどの活躍を見せ、翌年への期待も高まっていたが、そんな状況の中で、阪神はこのオフ、シアトル・マリナーズの城島健司を獲得する。矢野の次はメジャー帰りの城島。狩野の正捕手への道は果てしなく遠いものであった。以降、椎間板ヘルニアを傷め、除去手術を受けるものの、その傷は幾度となく狩野を苦しめ、2012オフ~2013年途中にかけては、育成選手としての登録も経験するなど、その道程は絶えず苦難に満ち溢れたものであった。

【動画】http://youtu.be/75FHpOq2wRk

あまりに巨大すぎる先輩捕手たちの壁や、故障に苦しみ続ける中で、今季、ようやく掴んだ復活への光明と、正捕手への道。日本シリーズという大舞台で、武田の完全試合を封じた男は、「それ(完全試合)だけは嫌だった。途中から出る選手も打つぞという気持ちを出していった」と今まで歩んできた苦難の道程を重ねるかのように、その闘志をむき出しにする。上州の掛布・狩野恵輔。地獄を見た男の一振りが、敵地での激戦に向け、敗軍の戦士たちを奮い立たせた瞬間であった。

【動画】http://youtu.be/_K6cz2HZBaQ

Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP