ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こだわりのひと手間ランチ! 専門店で味わう松阪牛100%ジューシーハンバーグ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月16日放送の「Nスタ」(TBS系、毎週月~金曜午後3時50分)、「Nトク」のコーナーでは、銀座の“ひと手間ランチ”を特集し、焼肉割烹(かっぽう)「松阪 銀座店」(東京都中央区)が紹介された。

同店が松阪牛専門店として自信を持って提供しているランチメニューは、平日12食限定の松阪牛100%「ハンバーグランチ」(1050円 税込み)だ。形が小さいなどの理由で焼肉では提供できない部分を、食感を楽しめる粗びきハンバーグにしている。松阪牛はたっぷり入ったサシが特徴だが、しっかり焼くとうまみを含んだ脂が溶け出してしまうという。そこで乳カブ脂を入れることで、軟らかくてジューシーなハンバーグにしているのだという。牛を1頭買いしているからこそできる専門店ならではのこだわりのひと手間だ。

「ハンバーグランチ」を食べた来店客は「すごく軟らかくて味は付いているけど肉の元の味も感じられて本当においしい」と、ひと手間ランチに大満足の様子だった。

※お子さまは中学生以上可、小学生以下のお子さまは土曜日のみご来店可能です。

■話題のお店に追加取材■

 和風割烹スタイルの同店のこだわりは、何と言っても肉の芸術品として名高い「松阪牛」を取り扱っていること。丹精込めて飼育された松阪牛は、年間の出荷頭数や、販売指定店の数が限定されているという。同店は、三重県特産牛肉(松阪牛)販売指定店第25号なので、牛1頭を丸ごと買い付けることが可能だ。だからこそ実現できる価格帯と、他店では手に入りづらい希少部位が味わえることが魅力だ。また当日提供する松阪牛の証明書を提示しており、10桁の個体識別番号をインターネットで検索すると、その牛の生年月日や肥育場所、出生地などが確かめられる。来店客が牛の情報を簡単に受け取ることで安心できるほか、肥育農家と消費者を結ぶ懸け橋にもなっている。

 同店の特長として、松阪牛を和食会席料理として楽しめることも挙げられる。従来の焼肉料理だけでなく、新鮮な野菜や、店内のいけすから取り出して調理された魚介類も一緒に味わえるコース料理は人気が高い。

「松阪牛の脂のうまみを味わってもらいたい」という店主の思いから、焼肉のたれにはニンニクなどを使用せず、松阪牛本来の味を楽しめるようにと工夫されている。

店内にはカウンター席、テーブル個室、ボックス席、掘りごたつの個室があり、どんなシチュエーションにも対応可能だ。ぜひ一度訪れてみては。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:松阪 銀座店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:銀座のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:焼肉・ホルモン・鉄板焼きのお店紹介
ぐるなび検索:銀座×焼肉・ホルモン・鉄板焼きのお店一覧
コーヒー専門店ならではの味 大人にも子供にも大人気「モカソフト」
田中健も感嘆! アイスクリーム伝来の味を再現した「横浜馬車道あいす」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP