ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音声コマンドに対応する小型コンピューター「Ubi」、プレオーダー受付開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2012年にKickstarterで資金22万ドル余りを集めて話題になった「Ubi」を覚えている読者もいるかもしれない。

コンセントにさしてWi-Fiにつなげておくだけで常時待機する小型コンピューターで、ユーザーの音声コマンドに対応するという“未来型”のガジェットとして注目を集めた。

そのUbiが、いよいよ現実のものとなろうとしている。ついにプレオーダーの受け付けが始まった。

◆音声コマンドを常に待機

UbiはAndroidを搭載していて、その音声認識技術を活用している。

Ubiで何ができるか。開発を手掛けたカナダ拠点のスタートアップ「UCIC」のサイトにあるビデオを見るとこんなふうだ。

(Ubiはキッチンのコンセントにさしこまれていて、ユーザーはお茶を入れながら「OK、Ubi」と話しかけUbiを起動する)

ユーザー:OK、Ubi。ジョンにメッセージを送る

Ubi:コンテンツを話して

ユーザー:ジョン、20分くらい遅れる

Ubi:(しばらくして)メッセージをジョンに送りました

つまり、ユーザーはスマートフォンを操作することなく、音声だけでメッセージを送信できるというわけだ。

◆家電の音声操作も

他にも、「10分たったら教えて」とタイマーとして利用したり、「ニューヨークの明日の天気は?」と各種情報を収集したりするのにも使え、まさに“普段使い”のコンピューター。

スマート家電とも連携するので、そうした家電類をUbiに話しかけてコントロールするということも可能だ。

◆プレオーダーは299ドル

現在、サイトでは299ドルでプレオーダーを受け付けている。残念ながら発送は米国内のみのようだが、英語以外の言語対応は、さほど手間はかからないのではないか。

今後、コンピューターは私たちの暮らしにますます浸透することを予感させるガジェットだ。

Ubi

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP