ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チンタイガーの「大根おろしアート」が特集本に!? 読者プレゼントも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんは昨年12月ころ、Twitterを始めネット上で話題になった「大根おろしアート」をご存じだろうか?チンタイガーと、大根おろしアートの作者・中道薫さん

チンタイガーと、大根おろしアートの作者・中道薫さん

大根おろしアートとは、鍋の上に大根おろしでかたどったキャラクターを作るもの。作られるキャラクターはさまざまで、シロクマやカエル、カピバラといった動物から、好きなアニメのキャラクターや著名人など、多岐にわたる作品がネット上に投稿された。

それを受け、同連載内でも大根おろしアートに挑戦。作成したキャラクターは、もちろん我らがチンタイガーだ。

img_02

これが実際に作ったチンタイガーの大根おろしアート。まるで風呂に浸かっているようで、気持ち良さそうな表情がなんともかわいらしい。記事掲載後は、チンタイガーファンやまとめサイトにも取り上げられたため、多くの反響が寄せられた。そこに、さらにうれしい知らせが届いたのだ。

img_03

なんと、主婦の友社から10月10日に発売されたムック本「大根おろしアート」に同作品が掲載されたのだ。そこで今回は、チンタイガーと作成者である編集プロダクションノオトの中道薫さんに、感想や作る際のポイントを聞いてみた。

img_04

「チンタイガー! 本当に載っているよ!!」という中道さんに対し、驚きを隠せないチンタイガー。普段はあまり料理をしないという中道さんだが、チンタイガーが大好きなこと、大根おろしの質感とチンタイガーの毛の“モフモフ感”が似ていること、既存の作品は白や茶色をモチーフにした作品が多かったので、カラフルな作品を作りたかった、というのが制作に至った理由らしい。

「苦労したのは、青い食紅がなかなか見つからなかったことです。チンタイガーは水色なので、それをいかに表現できるかが肝心ですから。作るポイントは、口やお腹部分を作るために、食紅を入れない大根おろしを残しておくこと。お鍋をお風呂に見立てて、白菜の芯を使った手ぬぐいと、ストローでくり抜いた魚肉ソーセージで火照った頬を表現しました。組み立ては簡単なのですが、頭部の縞模様をのりで作るのに、とても時間がかかりましたね」と中道さん。

自分が載っている誌面をじっくり眺めてチンタイガーは、「ガァ!(かんげきです! なかみちさん、ほんとうにありがとうです! またなにかつくってほしいです!)」と感想を述べた。img_05

大根おろしアート(主婦の友社)の表紙。価格は900円(税別)で全国の書店にて絶賛発売中

本の中ではチンタイガー以外にも、かわいらしい作品がたくさん収録されている。今回は特別に抽選で3名様にこの本をプレゼント! 応募期間は10月27日~11月17日まで。応募はこちらから。

寒くなってきて鍋が恋しくなる季節。この本を参考に、あなたも大根おろしアートに挑戦してみてはいかがだろうか?

(播磨谷拓巳/ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。