ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、LTEネットワークを利用した音声通話サービス「au VoLTE」を12月より開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 10 月 27 日、本日都内で行われた「au 発表会 2014 Winter」で LTE ネットワーク上で音声データを送受信する通話技術“VoLTE(Voice over LTE)”ベースの新しい音声通話サービス「au VoLTE」を 12 月初旬より提供すると発表しました。KDDI の VoLTE サービスでは音声周波数帯は 50Hz ~ 7KHz と従来の通話サービスに比べて広く、対応機種であれば従来よりもクリアな音声で会話することができるようになります。また、通話時に3Gへの切り替えが不要なので発信も素早く行われます。さらに、データ通信の同時利用も可能なので、次のような新機能も利用できるようになります。それは、スマートフォンの画面を相手のスマートフォンに表示する「画面シンク」、カメラに映る映像をリアルタイムに相手のスマートフォンにも表示する「カメラシンク」、位置情報を相互に共有できる「位置シンク」、画面上の手書き文字を共有できる「手書きシンク」を含む「シンクコール」機能と、発信者を含めて 30 人との同時会話が可能な「ボイスパーティ」機能です。au VoLTE の対応機種は同日発表された isai VL LGV31 と URBANO V01 の 2 機種。既存モデルの対応予定は不明です。au VoLTE の利用料。音声通話は「4G LTE」対応スマートフォン向けとなる「カケホとデジラ」や「LTEプラン」と同じ料金が適用されます。通話と同時に使用するデータ通信はデータ定額パックが適用されます。au VoLTE ではオプションサービスとして「電話きほんパック (V)」が提供されます。これは従来の「電話きほんパック」に上記の「ボイスパーティー」などの新サービスを追加したもので、月額 400 円+税で提供されます。ボイスパーティ単体は月額 300 円+税なので、他のサービスを利用する場合は単体で契約するよりも安価です。Source : KDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、LG製Android Wear搭載スマートウォッチ「LG G Watch R」の国内発売を発表、12月下旬に発売予定
KDDI、VoLTEに対応した2014年冬モデル「URBANO V01」を正式発表
KDDI、VoLTEに対応した5.5インチWQHDスマートフォン「isai VL LGV31」を正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP