ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PIERROT、8年ぶりとなる復活ライヴ第二夜を完遂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月25日、解散から実に8年ぶりとなるPIERROTの復活ライヴが、第二夜を迎えた。

「DICTATORS CIRCUS FINAL -BIRTHDAY-」と銘打たれたこの公演の幕開けを飾っていたのは、「HEAVEN」。ステージを覆い隠すように並んだLEDスクリーンが、羽根が舞い散るモノクロームの映像を漂わせながらゆっくりと上昇していくと、黒を基調とした装いのメンバーたちの中央には、赤一色に身を包んだキリトの姿が。前夜の白いスーツとは対照的なそのいでたちに、ふたつの夜が趣をまるで異にするものになることを予感した観客も少なくなかったことだろう。

結論を急ぐわけではないが、ふたつの夜は実際、異なったものだった。が、本質的には同じだったともいえる。ただ、とにかく両公演を目撃した誰もが感じたはずなのは、PIERROTは8年間のブランクを挟んだ現在もやはりPIERROTであり、誰もこのバンドの代わりにはなり得ないということだろう。

会場となったさいたまスーパーアリーナには、前夜、1万5,000人のファンが詰めかけたが、この第二夜の動員はそれを遥かに超え、満員の1万8,000人が詰めかけた会場は、スタンド席の頂上に至るまでが人、人、人で埋め尽くされていた。そしてステージ上の5人は、アンコールを含めて全25曲という、前夜と同じ曲数(とはいえ、第一夜には披露されなかった楽曲が15曲も含まれていたが)を演奏することになっていた。が、キリト自身が二度と歌う機会が訪れることはないものと思っていたという「CHILD」をもってすべてのプログラムが終了し、個々のメンバーが客席に別れを告げた直後に事件は起こった。彼らがステージから立ち去ろうとするのを喰い止めようとするかのように、突如、再度のアンコールを求める拍手と歓声が巻き起こったのだ。

完全に想定外の事態に、ステージ中央で輪になって話し合うメンバーたち。そしてキリトは「こういうのは久しぶりなんで、ガチで戸惑ったんですけど」と笑みを見せ、「求めるからには中途半端な暴れ方では許さない。狂って暴れて終わりましょう!」と言い放ち、次の瞬間、「蜘蛛の意図」が炸裂した。開演からそれまでの時間経過のなかで、この夜のライヴは幾度もクライマックスを迎えていたが、残されたエネルギーを惜しみなく使い切ろうとするバンドとオーディエンスの双方が完全に一体になったその場面こそが、この夜の本当の意味での絶頂だったといえる。

もちろん印象的な場面は随所にちりばめられていたし、第一夜での好演を経ていただけに、演奏ぶり自体も前夜以上に自然体に近いものに感じられた。本編後半の「MAD SKY-鋼鉄の救世主-」のイントロ部分で、KOHTAのベースの音が出ないというアクシデント発生には見舞われたものの(断じて言うが、あれは彼のミスではなくトラブルである)、成熟したプレイヤーたちによる演奏は安定感とスリリングな鋭利さを兼ね備えたものだったし、キリトのステージ運びには、持ち前の煽動力の強さに加え、オーディエンスを包み込むような包容力も感じられた。

そして同時に、ピエラーたちも確実に成長している。PIERROTと彼らのファンは、ライヴにおける一体感のあり方という意味において、いわば発明に近いことを重ねてきたといえるのかもしれない。たとえば“折り畳みヘドバン”と呼ばれるものを筆者が初めて目撃したのもPIERROTのライヴだったように思う。会場全体に振り付けが伝染する光景についても、彼らのライヴで目にしてきたものほどシンクロ率の高いものを、他の場で見たことはない。そうした光景について、一部において“あまりにもV系的過ぎて、無関係な人たちが引いてしまう類いのもの”として見られてきたのもまた事実だろう。が、8年の空白を経ながら自然に同じアクションをしてしまうというのは、それがすでにファンにとっての“第二の天性”とでもいうべきものになっている証拠ではないだろうか。つまり、メンバーたちが往年の楽曲を“カラダでおぼえている”のと同じことなのだ。

そんなオーディエンスに向け、キリトはこのライヴの終盤、ひとつだけ願いごとを口にした。

「お願いがあります。この感覚を噛み締めて、どうか明日からは“今”を生きてください。俺たちも、大切な“帰るべき今”に帰ります。とにかく目の前にある“今”を抱きしめて、生きていきましょう」

その時々の“今”を生きてきたからこそ、こうして奇跡が起こった―-キリトはそんなふうにも語っていた。前夜のステージでも、この復活ライヴが素晴らしいものとして成立し得た理由について「解散から8年、誰ひとり止まらず、第一線を全力で突っ走ってきたからこそ……」と話していた彼だが、そうした自負がある彼にさえも、この二夜は奇跡的なものと感じられるほど極上のものだったのだ。

そして奇跡というのは頻繁に起こり得るものでも、無条件に継続していくものでもない。この夜、ステージ上でPIERROTの今後について何らかの発表がなされることを期待していたファンも少なくなかったはずだが、彼らは何ひとつそれに関する約束はせずにその場を去っていった。「最後までワガママを通していく」「薄い約束はしたくない」「また、やりたくなったらやると思います」――そうしたキリトの言葉は、まさに“今”を何よりも重んじて生きている人間のものだと感じられたし、メンバー全員の気持ちがそこで一致していることを、その場に居合わせたすべての人たちが実感したことだろう。

2006年4月12日、解散を表明。2014年の同じ日、復活を宣言。そしてその年の10月24日と25日、PIERROTはその時点での“今”を見せつけ、二夜で3万3千人のオーディエンス、さらにはWOWOWでの生中継(第一夜のみ)の視聴者たちと、同じ“今”を共有した。次の機会が訪れるのが、どれくらい先になるのかは想像もつかない。が、いつかかならず、PIERROTの新しい“今”が提示されることになる。その到来を、期待するのではなく確信しながら、それぞれにとっての“目の前の今”を全力で生き続けていきたいものである。(文:増田勇一)

PIERROT DICTATORS CIRCUS FINAL -BIRTHDAY-
2014年10月25日 さいたまスーパーアリーナセットリスト

1.HEAVEN
2.新月
3.ENEMY
4.Adolf
5.脳内モルヒネ
6.トリカゴ
7.真っ赤な花
8.深い眠りが覚めたら
9.ANSWER
10.PIECES
11.神経がワレル暑い夜
12.ネオグロテスク
13.夕闇スーサイド
14.MAGNET HOLIC
15.MAD SKY-鋼鉄の救世主-
16.薔薇色の世界
17.ATENA
18.クリア・スカイ

[ ENCORE ]
1.ラストレター
2.BIRTHDAY
3.SUPER STRING THEORY
4.ドラキュラ
5.SEPIA
6.HUMAN GATE
7.CHILD

[ W ENCORE ]
1.蜘蛛の意図

関連リンク

PIERROT OFFICIAL HPhttp://pierrot.jpn.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP