ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OKAMOTO’SのCDデビュー5周年記念ツアーファイナルにRIP SLYMEサプライズ出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

OKAMOTO’Sが10月25日(土)に東京・日比谷野外大音楽堂で全国ツアーのファイナルを行った。

今回行われたアニヴァーサリーツアー「OKAMOTO’S 5th Anniversary HAPPY! BIRTHDAY! PARTY! TOUR!」は9月21日から札幌PENNY LANE24を皮切りに行われたもの。OKAMOTO’Sにとって日比谷野外大音楽堂でワンマンLIVEを行うのは初めてのこと。キャパ3000人という過去最大規模のワンマンLIVEにメンバーはもちろん、会場全体も大きな期待につつまれてのスタートとなった

5周年を記念したツアーのファイナルとあって、セットリストは彼らの5年間のキャリアを網羅し、新曲やレア曲も含めたスペシャルなものとなった。1st Album『10’S』収録の「Run Run Run」に始まり、2nd Album『オカモトズに夢中』や3rd Album『欲望』からもファンに嬉しいまるでベストアルバムのような選曲が続く。LIVE中盤には新曲「HEADHUNT」を披露。前日に発表された、2015年1月放送スタート大人気アニメ「デュラララ×2 承」のオープニングテーマに決定した楽曲だ。このタイミングでの新曲初披露に会場もヒートアップ、現在進行形で進化を続ける彼らの音楽に観客は圧倒されっぱなしだった。

今回のLIVEの目玉の一つであるステージ演出には、プロジェクション・マッピングを使用。色彩豊かな様々な映像がステージに投影され、会場は一気に幻想的な空間になった。

なお、野音でプロジェクション・マッピングを使用したステージ演出は初の試みであり、OKAMOTO’Sにとっても映像とコラボしたステージングは自身初の試みとなった。

そして、LIVE終盤のアンコールではサプライズゲストにRIP SLYMEが登場。OKAMOTO’Sが今夏にリリースしたCDデビュー5周年を記念した豪華5組のアーティストとコラボレーションしたアルバム『VXV』から、RIP SLYMEとのコラボ楽曲である「Wanna?」を披露。まさかのサプライズゲストの登場に観客も驚き。OKAMOTO’SのCDデビュー5周年を祝うツアーファイナル公演は大盛況で幕を閉じた。

続くOKAMOTO’SのLIVEは、黒猫チェルシーとの合体バンドで昨年行われ、好評を博した『ミュージックヒストリーグレイテストゴールデン☆ヒッツラボセミナーゼミナール研究所』が、SMA40周年を祝うスペシャルヴァージョンとして今年も開催。現在オフィシャルHPにて先着先行の受付がスタートしている。26日(日)23:59までの受付となり、予定枚数に達し次第終了となるので是非ともチェックしよう。

ライブ情報
SMA 40th presents『ミュージックヒストリーグレイテストゴールデン☆ヒッツラボセミナーゼミナール研究所』
12月03日(水) 大阪・umeda AKASO
開場18:00 / 開演19:00
料金:オールスタンディング¥3,780(税込)1drink別
一般発売日:11月1日(土)

12月05日(金) 東京・恵比寿リキッドルーム
開場18:00 / 開演19:00
料金:オールスタンディング¥3,780(税込)1drink別
一般発売日:11月1日(土)

■オフィシャルHP先着先行
受付期間:10月25日(土)21:00~10月26日(日)23:59
受付URL:http://eplus.jp/kuro14oka/
※先着受付のため、予定枚数に達し次第受付終了となります。

アルバム『VXV』
発売中
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
BVCL-603~604/¥3,500+税 
【通常盤】(CD) 
BVCL-605/¥2,200+税
<収録曲>
1. Wanna? / OKAMOTO’S × RIP SLYME
2. Heart On Fire / OKAMOTO’S × 東京スカパラダイスオーケストラ
3. Never Mind / OKAMOTO’S × ROY (THE BAWDIES)
4. 答えはMaybe / OKAMOTO’S × 奥田民生
5. Family Song / OKAMOTO’S × 黒猫チェルシー

6. SAD SUNDAY / OKAMOTO’S

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
OKAMOTO'S オフィシャルHP
「デュラララ!!×2 承」OPテーマがOKAMOTO’S「HEADHUNT」に決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP