ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「LINE オーディション」グランプリ決定、加藤ミリヤ&JASMINEも新曲初披露で熱いエール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内最大規模のオーディションプロジェクト「LINE オーディション」のファイナルステージが開催(10月26日/都内某所)され、岐阜県出身の15歳の「足立佳奈」がグランプリを受賞した。

「LINE オーディション」は、LINEユーザー5,200万人の中からスターを探す、次世代型オーディション。実際にLINEアプリを使用した応募総数125,094組の中から、ファイナリスト8組によるパフォーマンスをYouTuberのHIKAKINほかゲスト審査員らが審査した。

この日は特別に、デビュー10周年記念盤を10月29日にリリースする加藤ミリヤのスペシャルライブが用意されていたが、同日29日に初のベストアルバムを発売するJASMINEもサプライズで登場。二人のコラボ曲「DRIVE feat. JASMINE」を初披露した。

ミリヤはデビューのきっかけとなったオーディションで実際に歌唱した宇多田ヒカル「Automatic」のカバーも披露し、「13歳の時この曲でオーディションを受け、10年たって同じ曲を、新しい物語が始まるこの場所で歌うことができてとても光栄です」と、当時の自身を思い出しながら今回の楽曲について語った。

グランプリには賞金100万円と「LINE公式アカウント」が付与、さらにソニー・ミュージックによるデビューに向けた支援が得られることが決まっているが、その模様は350万人ものアカウント登録者に生配信され、63万人というユーザーがリアルタイム視聴。日本ライブキャスト視聴史上最大の配信となった。

関連リンク

LINE オーディションhttp://line.me/event/audition/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP