ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

週刊3Dプリンター全55号は多いか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月から一部地域限定で発売されていたデアゴスティーニ・ジャパン発行の週刊『マイ3Dプリンター』が、予想をはるかに上回る反響があったとして、2015年1月5日より全国発売すると発表された。

【画像や図表を見る】

週刊『マイ3Dプリンター』は、毎週発売される雑誌に付いてくる部品を組み立てると、3Dプリンター「idbox!」が完成するというもの。全55号の予定で、創刊号は特別価格999円、第2号以降は1998円(すべて税込み)となっている。

また、部品や組み立てガイド以外にも、3Dプリンターに関する技術や作品が紹介されるほか、3Dプリンターの基礎知識、専用ソフトを使って3Dデータを作る方法などを学べるという。

全55号で完成ということは、完成まで約1年がかかる計算だ。そういった事情もあり、ツイッターでは、

「興味あるが全55号って…」
「ちょっと気になる! ってか一年も待てない…」
「早く出力してみたいのに1年間もお預け食らうってどんな罰ゲームだよ」

と、欲しいことは欲しいのだが、1年は長いというネットユーザーが多かった。また、全55号を揃えると総額で約10万円以上かかってしまうことについても、

「結局10万以上するのか。普通に買ったほうがいいんじゃ?」
「総額10万ちょいか…コスパ的にどうなんだろう?」

などと、少々高すぎではないかとの意見も多い。

ちなみに、Amazon.co.jpで取り扱っている個人向け3D プリンターの価格を調べてみると、性能に違いはあるが、安いものだと6万円台で購入できることが確認できた。ただ、一般的な価格帯は15万~20万円程度。週刊『マイ3Dプリンター』の総額約10万円という設定は、決して安くはないが、かといって割高とも言い切れず、ある意味妥当な価格なのかもしれない。

しかし、ツイッターでは

「1年後完成だとなー…その1年の間に安値で高精度なモデル出るだろうし」

との指摘も。たしかに、ここ数年で一気に進化している3Dプリンターなので、1年後にどうなっているのか予想できないのも事実。週刊『マイ3Dプリンター』の購読者は、急激な3Dプリンターの進化が起きないことを願いつつ、毎週少しずつ3Dプリンターを組み立てていくというジレンマを抱えながら、1年間を過ごすこととなりそうだ。
(R25編集部)

週刊3Dプリンター全55号は多いかはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

デアゴスティーニってどんな会社?
デアゴスティーニで「宇宙戦艦ヤマト」の伝説を手元に!
2014年注目エイプリルフールサイト
3Dプリンタで自分フィギュア制作
個人でも買って使える3Dプリンタ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP