ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飼い猫を擬人化できるゲームが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

実際の猫の写真をもとに擬人化したキャラクターが登場するスマートフォン向けゲームアプリ『猫耳さばいばー!』(ジープラ)が話題となっている。

【画像や図表を見る】

『猫耳さばいばー!』は、猫耳をつけたキャラクターである“にゃんこ”を指でなでて操作し、敵の“わんこ”と戦う育成型RPG。アプリで現実の猫を撮影すると、その猫が擬人化した“にゃんこ”となり、仲間にできる。つまり、愛猫とともにゲームを楽しめるというわけだ。

猫好きにはたまらないものとなりそうな『猫耳さばいばー!』は、Google Playでは11月中旬から、App Storeでは12月中旬から配信予定。10月21日にはツイッターに公式アカウントが開設され、

「総勢21人の参加声優さんからのコメントも掲載中にゃん♪」
「鈴木絵理さん(声優)には『ここな』『メグ』を演じてもらったにゃ!」
「のんちゃんはちょっと天然でお魚だいすきな、ねこさばのヒロイン的な娘みゃう!」

と、少しずつ情報を公開している。ツイッターでは、

「発想とキャラに心奪われて公式フォローしてきた
ちょっと楽しみw」
「猫好きですが猫耳はもっと好き(*´∇`*) これは期待します!」
「なんちゅー馬鹿ゲー…だがうちの子がどんな美少女に変換されるのかは気になって仕方ないのでやるしか…ない…!!」
「早く家の猫を撮ってみたい!!!」

と、早くも期待の声が多数あがっている。だが、擬人化システムについては、

「撮るにゃんこによって擬人化後の姿が違うんだろうが、その辺の処理どうなってるのか見てみたい」
「一瞬猫の特徴を判断して対応するパーツを自動的に組み合わせるのかと思ったら、元々いるキャラに割り当てるだけかよ!」
「写真からの変換かどんな物か非常に気になりますね」

などと、実際の猫の特徴をどういう形で反映し、擬人化されるのか、詳細がわからないため、不安も含めていろいろな見解がある状態だ。

ちなみに、擬人化された“にゃんこ”は、それぞれステータスが異なり、見た目が似ていても能力が違うとのこと。一部アイテム課金はあるが基本プレイは無料。リリース時には猫好きのスマホユーザーから再び注目を集めそうだ。
(R25編集部)

飼い猫を擬人化できるゲームが登場はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

可愛すぎて使えない!猫傷用絆創膏
愛犬専用ウエアラブルデバイス登場
「投資×萌えキャラ」サイトが人気
「空母」の画像検索で美少女登場?
「艦これ」車版?実在の車が美少女化

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP