ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつものバタートーストがもっとおいしくなる6つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年3月、箱根にある『富士屋ホテル』初のトースト専門店『On the TOAST』が羽田空港内にオープンするなど、トーストに熱い注目が集まっている。

 好みの食感に仕上げるために、まず大切なのはパンの種類と厚さの選び方。さらに、少しの手間を加えると、よりおいしく焼ける。そこで、料理研究家、フードスタイリスト、パンコーディネーターとして幅広く活躍する野口英世さんに、いつものバタートーストがよりおいしく食べられる6つのポイントを聞いた。

 まず、山型なのか、角型なのか、パン選びがポイント。山型は生地に気泡が多く入っているので、トーストすると、サクサクの食感に仕上がる。角型は白い部分のキメが細かく、密度の詰まったパンが多いので、しっとりとトーストできる。

 厚さによって焼いたときの食感が変わる。好みの食感を追求するなら厚さ選びも大切。4枚切りなど厚いパンほど、焼いたときに中は柔らかくしっとり。8枚切りなど薄いパンはサックリした食感に。

 しっとり派は焼く前に霧吹きで水分をプラス。よりしっとりさせたいときは、焼く前に霧吹きで水をスプレーし、表面を濡らしておく。焼くときに蒸発する水分を補えるので、柔らかくもちっとした食感に。

 バターは室温に戻すのがおいしさの鍵。バターは冷たいままだとよく溶けず、パンになじまない。バターは約10秒電子レンジで温め、軽く練って室温に戻す。焼きたてに塗ると、パンによくなじむ。

 すぐに食べない人はトースト前に自分でカット。パンは切り口から乾燥するので、すぐ食べない場合はスライスしていない状態で購入し、焼く前に切り分けて。パンを横に寝かせると、まっすぐ切りやすい。

 魚焼きグリルを使えば短時間でカリッと焼ける。早く焼きたい人は、魚焼きグリルを使うのもおすすめ。直火なので、短時間でサクッと香ばしく仕上がる。2~3分で焼けるので、忙しい朝にも便利。

※女性セブン2014年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プリンをパンに塗って焼く「プリントースト」の作り方
カレー、プリン、明太子、のりの佃煮…びっくりパンレシピ
スーパーのうなぎを本格店並みにおいしく食べる4つのテク

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP