ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

阪神日本一に追い風ジンクス 横浜出身の法則、1985年酷似等

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 阪神タイガースと福岡ソフトバンクホークスの日本シリーズが開幕した。このカードは2003年と同じだが、前回はホークスが4勝3敗で勝利。だが、今回はタイガースに有利なジンクスが数多く存在する。

●「日本一請負人は横浜出身」の法則
 実は最近の日本一球団には共通点がある。日本一になった年に必ず横浜から主力選手を獲得しているのだ。

 2013年の楽天は藤田一也、2012年巨人は村田修一、2011年ソフトバンクは内川聖一、2010年ロッテは吉見祐治。そして今年、阪神は鶴岡一成を獲得した。法則発動か?

●あの「1985年」に酷似
 阪神が唯一日本一になった1985年と今季は似ているという指摘もある。

 まず外国人、中堅、2年目の投手3本柱。当時はゲイル(13勝)、中田良弘(12勝)、池田親興(9勝)。今年はメッセ(13勝)、能見(9勝)、藤浪(11勝)だった。

 次は固定されたクリーンアップ。伝説のバックスクリーン3連発のバース、掛布雅之、岡田彰布には見劣りするかもしれないが、今年は鳥谷、ゴメス、マートンが中軸を支えた。

 最後はシーズンの展開だ。オールスター折り返し地点で阪神、広島、巨人の三つ巴になったのは1985年と同じ。さらにシーズン最初の甲子園3連戦で巨人を3タテしたのは、1985年、2003年、そして今年のみだ。2003年はシーズンを制覇したものの日本一を逃しているが、これを打ち消す朗報がある。

●内弁慶シリーズの逆転
 2003年の日本シリーズは、今回と同じホークスが相手。両チームがホームだけで勝った「内弁慶シリーズ」といわれた。今回は甲子園スタートなので阪神が有利というわけだ。

※週刊ポスト2014年11月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
無敗で決戦に突入した阪神とロイヤルズ 過去の成績に共通点
プロ野球 苗字が「O」で終わる監督は日本一になれぬジンクス
日本シリーズ 絶対エースも簡単に結果残せぬ過去データ紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP