ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無敗で決戦に突入した阪神とロイヤルズ 過去の成績に共通点

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米でカンザスシティ・ロイヤルズがポストシーズン8連勝でワールドシリーズ進出を決めれば、日本でも阪神タイガースがクライマックスシリーズ5勝1分けの無敗で日本シリーズへ──。破竹の勢いで勝ち進んだ両チームの共通点はそれだけではない。話は29年前の1985年にまで遡る。

 1985年といえば、『夕やけニャンニャン』の放送が始まり、秋元康氏プロデュースのおニャン子クラブが人気だった頃。そんなバブル前夜に、両者は日米でそれぞれチーム初の頂点に立った。

 しかしその後、弾けたバブルと同様に、奇しくも両者の成績も低迷した。阪神はBクラス常連となり、1998年からは4年連続最下位を記録。一方のロイヤルズも後を追うように、100敗以上が続き2004年から4年連続の最下位。

 阪神が優勝すれば景気が上向くというジンクスがあるが、29年前のように阪神がシリーズ制覇を果たしバブルの再来なるか、と期待しているのは安倍晋三首相だけではないはず!?

※週刊ポスト2014年11月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神日本一に追い風ジンクス 横浜出身の法則、1985年酷似等
金本氏 新井貴浩は「ダメダメ」、阪神入閣「ありえませ~ん」
巨人CS敗退の夜に坂本と澤村が六本木合コン 阪神選手も同席

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP