ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もしかしたら東京で一番美味しいかもしれないポークソテーを食べにいこう。日本橋人形町「そよいち」のポークソテー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


洋食屋にいってポークソテーを頼む事はあまりないだろう。なぜなら洋食屋にはオムライスやカツカレー、はたまたエビフライなどポークソテーよりも優先順位が高くなりがちなメニューがたくさんあるからだ。

それに付け加えてポークソテーが注目されないのは、豚肉の焼き方が非常に難しい事も1つの要因だと推察される。熱したフライパンで厚切りのロース豚肉を焼いてみるとよく分かるのだが、丁寧な仕事をしていない場合、赤みと脂身の収縮率の差から、肉が反り返ってしまい見栄えが非常に悪くなってしまう。さらに火加減が難しく、少しでも火を通しすぎると豚肉はパサついてしまい、食感が悪くなってしまう。

こういった理由から丁寧な仕事がされ、絶妙な火加減でポークソテーを提供できる洋食屋がすくないことも、ポークソテーを注文することがなかなか無い事に繋がっているのだと思われる。

ところが、そんな丁寧な仕事がされ、絶妙の火加減が施された、絶品のポークソテーを提供するお店が日本橋人形町に存在する。そのお店の名前は「そよいち」。

こちらはビーフカツも有名で捨て難いメニューだが、明らかに他のお店とは違う絶品のポークソテーが食べられる事でも有名なお店だ。

ポークソテーが提供されたなら、まずよく見てほしい。赤みと脂身の収縮率の差が計算しつくされた上で、焼く前の厚切りのロース豚肉に切り込みが入れられているため、肉の反り返りがない。

そしてバター醤油の香しい匂いに包まれた厚切りロースの妖艶な姿。オーダする際にニンニクを入れるかどうかを聞かれるが、ニンニク好きもしくは仕事に関係ない方は是非ニンニク入りのバター醤油ソースで、このポークソテーを食べてもらいたい。

バター醤油の香ばしさとニンニクの香りのパンチが、豚肉のもつ赤身部分と脂身部分のウマミの両方と相まって、とてつもないウマミを口いっぱいに弾けさせるのだ。

そんな肉汁のウマミとバター醤油の香りが濃厚に詰め込まれたタレだけでもとてつもなくウマいのだが、さらに素晴らしい火加減でロースが仕上げられているため、ソテー自体にも肉本来のウマミと甘みが引き出されており、パサつきがなく、口当たりはどこまでも、しっとりとしてジューシー。

こうなってくると付け合わせのキャベツすらウマいのだ。もちろん沿えられたマカロニサラダも秀逸の出来だ。そしてそれらを豪快にライスと一緒に口の中に放りこむと、言葉にならない様々な食材のウマさが口いっぱいに広がっていく。

もしもまだ、「そよいち」のポークソテーを食べた事が無い、という人は、年を越す前に是非1度日本橋人形町に足を運んでみてもらいたい。本物のポークソテーに至福の時を感じる事ができるはずだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 そよいち
住所 東京都中央区日本橋人形町1-9-6
営業時間 11:00~14:30 17:30~20:00
定休日 日曜・第1月曜日



カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP