ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日用品に“記憶のメディア”を表現———山本優美「うつしみ」展開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫


©Masami YAMAMOTO

今年5月開催の「SICF15」(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)で、参加100組のクリエーターの中からグランプリを受賞した山本優美による個展が開催される。


『存在の感触ーキャミソールー』

本展では初めて、作家本人と深く関わりを持つ自身の祖母の持ち物をモチーフとし、祖母のライフストーリーを重ね合わせ、時間と想いを丁寧に彫り込んだ新作が並ぶ。展覧会タイトル『うつしみ』は、‘この世に生きている身(現身[うつしみ])’を意味し、現代に生きる人の痕跡を「記憶のメディア」で浮き彫りにすると共に「映し」「移し」「写し」といった同音の語から、制作の裏側にある意図を彷彿とさせる。


『存在の感触ービニールサンダルー』

何の変哲もない日用品をモチーフとし、粘土を本物と見紛う程に精巧に手作業で象り、硬く焼き上げた作品の数々。柔らかな肌触りを連想させるモチーフが凍り付いたかのように永遠に形を定着させられ、同時に陶器特有のもろさを纏ったその姿は、かつてそれを身につけていた持ち主の哀歓を醸し出している。
山本優美は、焼く事により形を留める陶器を「記憶のメディア」として捉えている。日常的なモチーフを詩的な表現でアートへと昇華する技術の高さが評価されている。

山本優美『うつしみ』
会期: 2014年10月25日(土) – 10月27日(月)11:00-20:00
会場: ショウケース(スパイラル1F)ACCESS MAP
   〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
   東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅 B1、B3 出口すぐ
入場料:無料
お問い合わせ先:スパイラル TEL 03-3498-1171

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP