ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

皇居にはびこるナンパランナー 一流企業名刺出し口説く男も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 空前のランニングブームが日本中を席巻している。皇居ランナーは1日1万人近くといわれ(千代田区調べ)、来年2月に開催される東京マラソンの抽選倍率は史上最高の10.7倍を記録。多くは趣味で走っていたり、健康のため、リフレッシュのために走っていたりするが、なかにはよからぬ目的で汗を流す不届き者もいるようで…。

 週末になれば全国各地でマラソン大会が開催され、公園でも街中でも走っている人がそこここに。2007年に東京マラソンが始まって以降、ランニング人口は増え続け、今や1000万人を超えるともいわれている(2012年・笹川スポーツ財団調べ)。

 来年2月22日に実施される『東京マラソン 2015』には、なんと30万4825人が応募した。そんなブームの中、ランニングコースでは思わぬ“事件”も起きている。

 昨年、友人に皇居ランニングに誘われたのがきっかけで、走ることにハマったというA美さん(32才・美容関係)。美人でスタイルもいいのが災いしてか、こんな悩みがあるという。

「気持ちよく走りたいのに、声をかけてくる男性が多くて困っています。挨拶程度ならいいけれど、いかにもナンパ目的っていう人もいる。『どこでシャワーしてるの?』と聞かれ、教えた場所で待ち伏せされたこともありました」

 ナンパにはもう慣れっこのA美さんだが、最近、驚いたことがある。

「走っていると、隣に若い男性が並んできたんです。最初は世間話をしていたんですが、そのうち走りながらウエストポーチから名刺を取り出して、『よければ連絡ください』って言うんです。見たら、超がつくほどのエリート企業のものでした。いつもその名刺を使って女性を口説いてるんでしょうか。でも、ランニング中に渡されてもねぇ…。手に持ったまま走ってたら、汗でボロボロになりました(苦笑)」(A美さん)

 自らも週に2回は皇居を走るライターの氏家裕子さんによれば、このようなケースは少なくないという。

「皇居では反時計回りがルールなのですが、深夜近くになるとあえて逆走している男性がちらほら。女性の顔を見て、ナンパする相手を物色しているらしいんです。独身の中年男性がフェイスブックでしつこく友達申請をしてきて、女性ランナーが嫌がっているという話も耳にします」

※女性セブン2014年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安田美沙子と一緒にテニス&ランニングの「妄想デート」写真
皇居ラン 人気の理由は信号なし、1周5km、高低差ほどよいなど
人が走る理由 ランナーは「人よりいい人生」に優越感覚えてる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP